.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

カテゴリー「書籍・雑誌」の248件の記事

お金持ちになる習慣  「生きたお金の使い方」が身につく本 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/18 加谷 珪一 (著)

お金持ちの振る舞い
何点かいい記述はあったが、内容が薄いかな
手元に置いておくような本ではない

洗脳 ~スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック~ 単行本 – 2008/6/6 苫米地 英人 (著)

洗脳
これはおもしろい
日本がよく外国人から
二面性のある国民とか言われる理由もわかる
ただミラーリングをラジコンのように書いてたりして
表現がオーバーなのがおかしかった
この辺りが著者が誤解を受けてる原因だと思う

アートスクールで学ぶ 101のアイデア 単行本 – 2012/10/25 キット・ホワイト (著), 村上華子 (翻訳)

瑣末な技巧から哲学的なトピックまで
ネタのレベルも幅広い
断片的だがときどきは読み返すだろう示唆に富む内容

孤高の人 コミック 1-17巻セット (ヤングジャンプコミックス) コミック – 2011/11/18 坂本 眞一 (著)

この次作を考えればなかなかエグい展開好きだな作者 この作品も裏切りが多い 「つまんねー展開になりそうだな」と思ってたらきっちりぶっ壊してくる どうも、編集者のプロットを破壊してる気がするな うおの方が面白い 作画のこだわりからも作者もストイックなんだな

小説原作だったんだな

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) 新書 – 2016/10/19 呉座 勇一 (著)

いろんなところに軍事組織があり
五行ごとに逆転劇がある
彼我の軍事力の比較もできずに仕掛けた戦争で負ける
法や権威がポロポロ
人の移動も激しく
モグラ叩きが間に合わずに応仁の乱が起きた
将軍が最大のバグになって引っ掻き回してる

この本が売れてるのは新事実とあまり知られていない歴史だということと
展開の速さだろう

これを大河ドラマにしたら間延びしないけど物語としては要素が多すぎてまとめられないだろうな

前半150ページほどは本当におもしろかった

一ページに一度大事件が起きている

最初から最後まで面白さの濃度が高いまま走りきっている

お金持ちはなぜ、「教養」を必死に学ぶのか Kindle版 加谷珪一 (著)

お金持ちはなぜ教養を

なぜ学ぶのか?という事は1割ほどで
教養の中身についての説明や実例が多かった。
あまり教養のない方なので初めて知った事も多く満足できた。
教養のある人は退屈に感じる内容だろう。

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書 Kindle版 スティーブン E. ルーカス (著), 狩野 みき (監修)

ティーイーディーのプレゼンのようなものを作り上げるための骨が紹介されている今後も参照しながらブログなども書いていきたい
大変参考になりそうな内容これでこの値段は安い

100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか 単行本 – 2012/3/1 ジュリアン バジーニ (著), 河井美咲 (イラスト), 向井 和美 (翻訳)

100の思考実験
かなり面白い
sf小説の一節やパラドクス、倫理命題などから抜粋された興味深いエピソードと解説が読める
こんないいとこ取りのまとめサイトのような書籍はとても良い

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】 Kindle版 佐々木 圭一 (著)

一気読みした。
ごく簡単な技術なのに役に立ちそうな気がする
陳腐化も早そうだが読みにくい文章は減るだろうな

脳科学からみた「祈り」 Kindle版 中野信子 (著)

うーん…これは内容か薄い
レビュー数が多いのは宗教関係者か?
新書にしてもこれは薄い。
別著の「運のいい人」の話も明かされてしまっていた。
運のいい人は配慮範囲が広く、人を助ける人だ。
人に助けてもらいやすいからりしい。

「あなたの脳のしつけ方」に「祈り」の内容がすべて含まれているような・・・

より以前の記事一覧

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ