.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

カテゴリー「書籍・雑誌」の282件の記事

嵐が丘 (新潮文庫) ペーパーバック – 2003/6/1 エミリー・ブロンテ (著), 鴻巣 友季子 (翻訳)

嵐が丘
ヒースクリフの過去はジョジョ1部みたいだな

ヒースクリフとDIOの共通点
・金持ちの家によそ者として入り込む
・御曹司に取って代わり家を乗っ取る?
・冷徹残酷で操作的なサイコパスの特徴
・終盤で天国を求める
幽霊が出てくる
ほぼゴシップ
文章は長いが話し言葉で多いために早く読める
一目惚れ
結婚生活の破綻が早すぎ
完全に昼ドラ
ヒースクリフのむすこがかわいそう
そうでもなくなった
ヒースクリフが適当に死にすぎ
締め切り間際か
作者もコレが歴史の残ってびっくりしただろう
過程が面白くてオチがショボいタイプの名作

最後は御都合主義か?

初期の評価が低かったのは納得できる

花園メリーゴーランド(1) (ビッグコミックス) Kindle版 柏木ハルコ (著)

日本の旧い性の風習を題材にマンガにしたてあげた。
そのうち映画化なんかもされるかもしれない。
まだ薄暗かった日本の文明の衝突。

小さな習慣 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/27 スティーヴン・ガイズ (著), 田口 未和 (翻訳)

小さな習慣
アマゾンのレビューにあるように同じことを繰り返すと言う内容ではなかったように感じた
確かに言ってる事はハードルの低い目標を作りそれをあまり大きくしないことで自己肯定感を増し大きな習慣につなげると言うものだ
それだけで1冊の本を作ると言うのは水増しに見えるかもしれない
しかし目標を大きくしない等のポイントは非常に重要な取り決めであり
そこには確固たる裏付けが必要となってくる
そういったものを全てつまびらかに説明するという意味では200ページ余りの分量は決して多すぎるとは言えないだろう
なぜこういう確固たる指標が必要になるかと言うことをきっちり説明していると言う事は習慣を続けていくためにも支えになるであろう
よってハードルの小さい目標を守るというエッセンスを抜けとるだけではなくしっかりこの1冊を読み込むということが大きな成果につながってくる
そしてこの本を本棚に置いておくべきものだろう電子書籍ではいけないと思う
死ぬまで本棚に一札置いておきたくなるような本

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』 [Blu-ray] タイカ・ワイティティ (出演, 監督), ジェマイン・クレメント (出演, 監督) 形式: Blu-ray

迷ったんだけど
またこういうのを買って
こういうノリって昔からあるけど飽きてきたなって
でも最後まで見て面白かったわ

双亡亭壊すべし(5) (少年サンデーコミックス) Kindle版 藤田和日郎 (著)

そうぼうてい怖すべし
5巻から
まだ出てない
諸星大二郎みたいな話だった
宇宙人もの
侵略もの
パラサイトもの
オカルトと見せてのSFってのがいい
うしおととらが好きだった人は夢中になる
俺もそう
藤田かずひろ完全復活したな
待ったよ

金のつくり方は億万長者に聞け!──大富豪トランプの金持ち入門 単行本 – 2016/6/18 ドナルド J トランプ (著), 石原 薫 (翻訳)

トランプ
全く金持ち入門ではなかった
全くだ
タイトルに偽りあり

ロシア革命――破局の8か月 (岩波新書) 新書 – 2017/1/21 池田 嘉郎 (著)

ロシア革命
革命は終わった後が大変
革命後に内戦まで起こしている
思ったほど粛清の嵐はなかった
民衆の愚かさ
今も変わらない
目先の利益に目がくらみ最終的に自らを苦しめることになる

ホッグ連続殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 文庫 – 2005/1/1 ウィリアム・L. デアンドリア (著), William L. DeAndrea (原著), 真崎 義博 (翻訳)

HOG連続殺人
一晩で読み切った
350ページを1ページ1分くらい

で、やっぱり犯人はこいつなのかよ?というのが結論だ。
序盤から殺人事件ではありえないのは明白だ。
偶然が多すぎる。
内部犯行以外かんがえられない。
ジャネットの多重人格も疑った。
こじつけのすごいあたりは既存ミステリへの批判かとも思ったがそうではなかった。
そこそこおもしろい。
結末までは次がきになるし読みやすい。
しかしオチは残念だ。
犯人の目星がついてたからだな。

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール 単行本 – 2017/1/22 読書猿 (著)

アイデア大全 他の発想法本にはないものが多く含まれており役立ちそうだ。

最近のデータや知見があるためだ。 ヤングの本など三冊より進んだ時代のもの。

手間暇かかるものが多く 巷に溢れるアイデア商品などがどのように考えられたかもうかがえる

金のつくり方は億万長者に聞け!──大富豪トランプの金持ち入門 単行本 – 2016/6/18 ドナルド J トランプ (著), 石原 薫 (翻訳)

トランプ
最初は自慢話
次はゴシップの言い訳
200ページを過ぎると書くことがなくなったのか
家族の紹介
1週間の過ごし方を10分単位でかいている
典型的なサイコパスだ
ライターが居るとしてもそこは隠せない。
買わない方がいい。
お金持ちの子供に生まれたという事以上のものは汲み取れない。

より以前の記事一覧

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ