.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« 2019年8月 | トップページ | 2020年4月 »

夜明けの街で

夜明けの街で
深田恭子にずっと違和感がある
人間味が感じられないかな
全体的にみんなピュアなキャラクターしてるので入り込めないかな。
不倫ブームを狙って作られた映画に見えるし。
映像のトーンが深田恭子の解像度と合ってないのかもしれない。
フィルムのような曇った日本映画の色調の中にアニメキャラクターが飛び込んできたかのような違和感。
アイドルすぎるんだな。
作者が高齢だからバブル時代みたいな描写も散見される。
意図的か?
不倫ものの態で大部分が作られてるのにサスペンス要素があり、オチがホラーっぽくもあるという。
よくわからない作りだな。

 

白雪姫殺人事件

白雪姫殺人事件
構成は藪の中と同じ。
そこで芹沢ブラザーズに行くのはどうなのそれ。
共感できません。
井上真央の性格に距離を感じる。
ダメだな。
ファン意識が遠い。
菜々緒悪いやつではないのでは?
違うのか?
難しいな。
井上真央の行動もよくわからない。
リスク高すぎる。
いろいろおかしい
共感を妨げる何かがある
伏線はキレイに回収されて行くが
主人公もかなり悪いやつ
狩野のキャラは意外性あるけど
地味な役者なのが一番意外性高いかな
結構良作だけど不要な要素が散見してて邪魔やん

あ、でもいい。時代を感じる。
ネットよりモールス信号みたいな感じいい。
世相批判色が強すぎるかな。
おもしろかったけど。

 

空気人形

空気人形
ホラー分が多め
板尾創路の使い方はこれでいいのか
忍耐が試されるオープニングシークエンス
是枝監督って胸にくるものを作るな
マッチ売りの少女みたいな話だった。

 

歩いても歩いても

歩いても歩いても
是枝監督がどんどん好きになっていく・・・
あんま見てなかったな。
損している。
「結婚できない男」の阿部寛と夏川結衣が夫婦役
結婚して子供までできたんだな。感慨深い。
エアコン効いてなさそうな空気が鈍い。
こんなのよく作るね。
人にこんな思いさせるものをね。
すごい才能だ。
切ねえな。やるせねえ。

 

舟を編む

舟を編む
ネット普及直前の1995年の辞書編纂の話
オダギリジョーだよなこれ…
失われた時代の最後の瞬間を描いている
舞台設定おもしろいなー
オダギリジョーおいしい役だな
まさかこんな話だとは
なぜこの主人公がモテるのか
話に起伏がない。
ピンチは前半で解消されてしまう。
後半は人が死んでしんみり…
あれ?

 

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時

加賀恭一郎シリーズにはドラマで酷い目にあった
ドラマは本当につまらなかった
新垣結衣の出てるのはおもしろかったけど
今作も砂の器とそっくり感出してきてる
これはオマージュという奴だな
初めてオマージュというものを見たかもしれない
松嶋菜々子の父親すごいかっこええな
そこで近藤真彦と小泉今日子の名前出すのかよ
砂の器になんとなく似てるがバージョンアップされてるように見えるな。
意図的なものだな
挑戦なのかもしれないが

今のところはそこまでではないな
ちょっと劇的すぎるような気もするな
激しくて骨のある人物が多すぎてリアリティない
松嶋菜々子が父を殺すシーンが何かがおかしい
感動できない

加賀の母親の終盤のシーンは納得だな

これひょっとして完結編なのか
完結編なのにオマージュみたいな感じでいいのか

捜査一課に戻る…

続けて欲しいね

そこのみにて光り輝く

そこのみにて光り輝く
おもしろい。
菅田将暉はすごいな
物語中盤でそれまでの物語の前提が覆る
ミッドポイントだな。
うまく作ってある。
グダグダの喧嘩いいね。
やられてる池脇千鶴すごい嫌そう。
卓二のことも思いやる主人公。
良いシーンだ。
遣る瀬無さと。底辺の世界。
目を背けてはいけない。
なんとかしなきゃあいけないんですね。
主人公に好感が持てる。
最初はそんな感じじゃなかったのに。
そこのみにて輝いた。

 

海よりもまだ深く

海よりもまだ深く

また阿部寛だよ
是枝作品に出すぎだ
樹木希林も多いな
どこまでもの二人だな
そういうのか。
自分がストーカーという
失われた家族ものではなかったか
終わらせて次に進むための映画か
打ちのめされる
阿部寛はもうギャンブルはやらないだろうな少なくとも
漫画原作やって…でも寄りを戻すことはないんだろうな
真木よう子の決意は固い
戻らないんだな

 

奇跡

奇跡
珍しい設定の映画
子供が主人公でこういあのほあまりみないな。
子役がしっかり演技してる。
阿部寛と是枝監督のコンビは外さないな。
どこにでも出てくるオダギリジョー
阿部寛と夏川結衣が是枝監督作品に出てくる確率
ブレイク前の橋本環奈が出てくるな
ちょっと驚き

気球クラブ、その後

気球クラブ、その後

園子温、すこし苦手な監督だが。
作りが雑に見えるんだよ。
カメラワーク揺れすぎ。
雑然としすぎ。
役者がマイナーすぎ。
余計な情報多すぎ。
若い永作博美
イケメンのいしだ壱成前科二犯
やたらうるさい
ホームビデオみたい
しかし光る
それが園子温?

 

ソロモンの偽証

ソロモンの偽証
引き込まれるヤツ
長いな
ちゃんと最後までおもしろいのかこれ
伽倻子?
雨に打たれて上がる血しぶきの表現が新しい
これはフランス革命を再現してるようなもんかな。
四時間かけて小説一冊丹念に映画化。
こういうの増えて欲しいが。
登場人物が昭和の顔してるのがいいかな
警察が自首する前の被告を被害者に付き合わせる
マンガかよ
長い割にはオチがつまらなかったな
1時間くらいにできないかな

海街ダイアリー

海街ダイアリー
広瀬すずがすず役で出演
演技うまいな
田舎の地味な人に見える
長澤まさみがローアングルで撮られがち
なんだこれ
そういう作品じゃない
是枝作品には絶対に樹木希林でてくるなキキキリン
レキシが出てる
目立つなあレキシ

リップヴァンピンクルの花嫁

リップヴァンピンクルの花嫁
cocco懐かしい
役者として出てるのかよ
岩井俊二作品は久しぶり
また黒木華が教師役してる
ソロモンの偽証はつまらなかったな
不安を掻き立てるのがうまいんだよな…
嫌な気分だ
胃が痛くなって行く
3時間は長
主人公がだいぶおかしい
黒木華はいい役者だな
他の映画でどんなのやってるか知らないけど
Coccoはこんな役立ったのか
役者でもすごいな
準主役じゃないか

すっげおもしれえなコレ
よく思いつく

岩井俊二原作って

 

三度目の殺人

三度目の殺人
役所広司が別人に見えるのはすごいな
架空の状況で無関係のはずの三人が雪合戦?
なんのためのカットだこれ
評価低いのに結構楽しめてるんだが
先が読めない
福山雅治は陥れられている?
司法って怖いな。
けっこういい加減。
ラスト五分の映像がすごくテクニカル
真実に迫る二人

広瀬すずでなくてもいいし

福山雅治でなくてもいい

 

メゾンドヒミコ

メゾンドヒミコ
オダギリジョーが若い
こんなへんな設定だったのか
なかなか酷い映画だな
エログロオカマを描いてる
今なら怒られるヤツ
つまんない下ネタがセリフに散りばめられている
主演のウリがわからない
これは昔の酷い日本映画だな。
みんなが嫌いなダメな演出。
わけのわからない台詞回し。
うん。ダメだ。
これ昔のダメな日本映画のノリだ。
一番ダメなヤツだ。
古いノリだ。
あと50分もある
いい加減にしてくれ
古い映画だな。
2005年
微妙に古い
まだLGBTでもない時代
スマホもない

 

オカンの嫁入り

オカンの嫁入り
宮崎あおいが若い
結婚相手の俳優は浦島太郎の人だ。
表情おもしろいな。
コメディかと思ったら死の物語だった
伏線はあった
意外と暗く重いモチーフが散りばめられている
暴力、血、死、白装束
ラストの白無垢はキツい
見たことあるような…
あまりおもしろくないな

蛇の人

蛇の人

ふせえりが真面目な役で出てる
サイコパスの悲しみを西島が演じる
見事な伏線回収
思ったよりおもしろかった。

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー
ひどすぎる映画だな
CGはショボい
話はどうでもいい
バトルはダラダラ…

テレビドラマのヒット作を出した作家の作品だからテレビ局が金を出したみたいだけど。

そういう流れで映画化までいって失敗してしまうのはそういう時代だったということか。

栗山千明の無駄遣い。

 

帝一の國

帝一の國

 

主人公、あんま物語のキーマンじゃないな。
ええのかなこれで。
結構面白かったけど。

 

葛城事件

葛城事件
登場人物にまともな奴が一人もいないような…
宅間守がモデルなのか。
創作かなり入ってはいるようだけど。
お湯を沸かし始めて団欒シーン。
父親が来て束の間の夢だった感じを出す演出いいね。
邯鄲の夢みたいだな。
そんな団欒シーンが映画のミッドポイントになってる。
葛城事件。これはもっと早くみたかったな。
うちもこの家庭に似てるところあるんだよなあ。
ヤバイヤバイ。
スナックのママすごい度胸だ。
田中麗奈が眉間にしわ寄せて怒るラストシーンが強い演技
自殺に失敗してラーメンを食べに戻る辺りユニーク

 

勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ

 

コメディ調だな
妙なリズムの映画
主役をだんだん好きになる
もうミュージカルにしろよ
結構どうなってしまうかわからない話だな秋版がぐちゃぐちゃしてる

« 2019年8月 | トップページ | 2020年4月 »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ