.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

沈黙 -サイレンス-(字幕版) (63) 160分 2017 PG12

日本人から見ると不思議に見える信仰
本当に大事に思っているものは捨てにくい
捨てなければならないときもある
浅野忠信はなかなか出てこない
だんだん、「絶対に踏んではいけない踏み絵」みたいになってきた。
ダウンタウン化
ザビエルがキリストを大日と言って広めた・・・なんか聞いたことあるな。
日本人は神の存在を信じることができない
なるほどねー
おもしろかった
さすがマーティン・スコセッシ
さすが遠藤周作

桜蘭高校ホスト部 (8) 104分 2012 G

7話まで見た
日本的な女が美少年役をやる伝統芸能的な感じかと思ったが
すぐにカミングアウトしている
欧米で受けてるのはこの中性的な立ち位置なんだろうな
ドラマが進まずキャラクターの掘り下げとテコ入れが目立つのでギブアップ
だいたいギブアップした直後ぐらいからおもしろくなっていく事が多いが
見切るのが早い傾向
8話から話が進んでいく
主人公の親がオカマ
いろいろメチャクチャになってきた
もりこみすぎだ
声優は大事だな
見るんじゃなかったね・・・
けっこう人物が描けてる気がする
最終回アツいな。
いいなこれ。
完全に男女逆転のシンデレラ・ストーリーだこれ。
しかも古典的なやつだ。
作者、この作品以外はさっぱりだな。
がんばってほしい。
この作品。露骨な売れ線狙い。一昔前のメタなギャグ。
ベタな設定とキャラクター。読者アンケートに媚びた脚本修正。(めんどくさそうな展開になりそうになると路線変更が行われる。)
が目立つがギリギリの綱渡りでうまく走り抜けた感じがすごい出ている。
このバランス感覚は再現できないだろう。
だがもし作者がもう一発当てることがあればそれはすごいものになると思う。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ (字幕版) (890) 151分 2017 G

お祭りバカ映画という批判をファンからもされてきたジョージ・ルーカスの手を離れ
偏差値の高そうな込み入ったテーマにも手を付けたスターウォーズ
新シリーズ一作目は久しぶりのスターウォーズでお目溢し
二作目の最後のジェダイは興を削ぐ先の読めるが多かった。
唐突な新兵器、新技もあって
今までの戦いがマヌケに見えてしまう
今後のスターウォーズはライトセーバー遠隔操作という奥義の制約を受け続けることになるし。
アイデアを思いついたらやりたくなるかもしれないがバランスというものがある
バランスにこだわるってのは作中のフォースのテーマにもあるけど
製作者の葛藤か?
ユニークなシーンは作れたようだけど。

続きを読む "スター・ウォーズ/最後のジェダイ (字幕版) (890) 151分 2017 G" »

ヘーゼルナッツ ホール (トルコ産) 生 皮付 1kg 神戸のおまめさん みの屋

ローストだがわずかに苦味がある。
おいしいのかまずいのか悩む。
高いのに。
もう買わないだろう。
チョコレートに入れるとおいしそう。

セル(字幕版) (46) IMDb 4.3 97分 2017 PG12

スティーブン・キング的なもの
ジョジョ4部
ストレンジャー・シングス
この感じ、どうだすのか?
ゾンビ映画だな
期待はずれだ
スティーブン・キングらしくおもしろくしてくれ
たぶんこれは面白くて良いものだ
世間の評価は低いがキングはそのさきを行っているのだろう
いろいろぼんやりしてるがディティールや設定がさほど重要ではないと考えている
適度な省略と見える
ほぼゾンビ映画なんだから
ゾンビになるウィルスとかプログラムされた音とか遺伝子変異とか
もう、そんなの聞き飽きたでしょ?と聞こえてくるようだ。
ゾンビフォーマットのキング流の演出、構成なのだろう
ただ意外なものとか独自のものとかとにかく新しい要素が見られず
その点は不満がある
おそらく誰もが予想していた通りに物語は始まり、進行し、終わっていく

シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション [DVD] ジョニー・デップ (出演), ジョン・タトゥーロ (出演), デビッド・コープ (監督, 脚本)

これ見たの二回目だけど
たぶん一回目も結末読めてたわ。
どこはかとない違和感が冒頭から漂う
叙述トリックでもないしなんだろうこういうの
バレてしまうともうつまらなくなってしまうという

トランセンデンス(吹替版) (20) 119分 2014

ノーラン製作総指揮で期待したが


15分で引き込まれた。


すげーな


特撮とかではないのに


これはおもしろい。


AIパニック映画のフォーマットになるかな。虚と実、善と悪の境界が揺らぐ良い映画だった。
ノーランはあまり関わってないようだが良い出来だった。
評価が低いのはナノテクノロジーの魔法感が高すぎたからかな。AIよりナノテクノロジーの凄まじさが大きかった。
でも俺はこのドラマはすごく好きだけどなあ。








ムーンライト(吹替版) (66) 110分 2017 R15+

アカデミー作品賞
アメリカのスラムの子供には優しいヤクのディーラー
もう日本じゃ制作できないタイプのヤクザ映画みたいなもんだな
最後に運命の別れた二人が昔を懐かしんで終わり
いい話だが
映画にするほどか
ショートフィルムくらいにしとけよ

エスター (吹替版) (602) 123分 2009

ダミアンとかオーメンとかそういう怖い子供系のホラー・サスペンス
超常現象とかではない
サイコパスかな?
凶器の処分が甘い
いまこの時代にこんな使い古されたプロットで映画を作る意味ってなんだ・・・

ジェーン・ドウの解剖(字幕版) (141) 86分 2017 R15+

怪しい美しい死体を解剖していく推理サスペンス
インパクトのある映画だったので見てみた
口を開けるとこっわ
ホラー映画だった
ジャンル間違えた
異常なありえない死体
これは黄泉の世界に足を踏み入れ、禁忌を犯すタイプの物語
黄泉の世界の食べ物を食べると戻れなくなる
振り返ると戻れなくなる
といったタイプの話がフォーマットのはず
この食べるという行為の代わりに死体解剖があり
悪霊退治の過程に解剖がある
ミステリーや推理の要素も超常現象が起きてからも続いていくのが新しい。
ってかこの状況でよくまた解剖とかやる気になるよな
頭がおかしい

イギリスの歴史が2時間でわかる本 (KAWADE夢文庫) 文庫 – 2012/4/17 歴史の謎を探る会 (編集)

2時間では読めない。
イギリス史を概観するのに良い。
けっこうフランスとどっぷり重なってたりしてて意外だった。

Unext

スマホで視聴中にPCに切り替えようとするとスマホアプリを終了させてもかなり待たされる。

シークの連携がとれないのでとても不便。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ