.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« 無意識と意識 | トップページ | 啓蒙主義と清潔好きとナショナリズムとファンダメンタル »

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) ペーパーバック – 2009/7/18 ジョージ・オーウェル (著), 高橋和久 (翻訳)

1984年
意外と「シグルイ」みたいな話だった
未来世紀ブラジル
寝言で思想犯逮捕とか
一応SF小説と言うことになっているがSFではないと思う
舞台設定は近未来の独裁国家だが
近未来と言う設定が重要な訳では無い
独裁国家における自由と人格の破壊がテーマだ
ラストシーンはそれまでの全てが昇華されておりとても美しくエネルギーに満ちている
小説として面白く広く読まれるべきものでありSF小説と言う枠にはめてしまうのはもったいないほどだ

« 無意識と意識 | トップページ | 啓蒙主義と清潔好きとナショナリズムとファンダメンタル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842538/70737903

この記事へのトラックバック一覧です: 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) ペーパーバック – 2009/7/18 ジョージ・オーウェル (著), 高橋和久 (翻訳):

« 無意識と意識 | トップページ | 啓蒙主義と清潔好きとナショナリズムとファンダメンタル »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ