.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« ガルバンソ (ひよこ豆) 生 1kg 神戸のおまめさん みの屋 | トップページ | 爆発する »

バースデイ・ストーリーズ (村上春樹翻訳ライブラリー) 新書 – January, 2006 村上 春樹 (翻訳)

ムーア人
よくわからない。
童貞を捧げた年上の元カノに再会して
しかし時間が経ちすぎていて愛は戻らなかった。
悲しい。
という話なのか。

バースディケーキ
エラいものを読んだ。これはサイコだ。壮絶だ。読者を試すホラーだな。

皮膚のない皇帝
この話はとても面白い歩4、5人のグループの会話の中から皮膚のない皇帝と言うタイトルで物語を編み上げて行くのだ
このような物語の作り方があるとは思わなかった日にスイングでエキサイティング先が読めない展開である

バースデイストーリーズ
ダイスゲーム ポールセロー
これもすごい話だギャンブル場でダイスを振りながら自分の妻を他の男に抱かせて愛が芽生える家をかけている男の話


永遠に頭上に
村上龍かと思った
映像的な描写が全く受け付けない

慈愛の天使、怒りの天使

歳をとったおばあちゃんの一人暮らし孤独な一人暮らし

遠くにいる息子は立派な医者に育ててやったと言うのに愛想が悪い
窓ガラスに打ち付けるカラスのような鳥たちに怯え息子に電話をかける
取り付く島もなく動物愛護協会から寄こされた担当の女性からバースデイプレゼントの花束をもらった
それがたまらなくうれしい
かつての大統領の思い出を胸に今新たな大東様(神に感謝の手紙を書く
自らもまた籠乃鳥なのだかつて自由だった通りなのだ


バースデイプレゼント

夫の誕生日に子若い娼婦2人をプレゼントした妻しかし夫はそんな松風たちの振る舞いを笑いのネタにして戻ってくる

肉欲を通り過ぎた育まれた愛がある

風呂
短編小説の醍醐味
解説で村上春樹が言っているようにこの作品はなどでズバット斬られたようなインパクトがある
作者のレイモンド側の意思とは関係なくミニマリズムの権化溶かした編集者によってかなり短く詰められてしまった小説らしい
しかしこの何かを示唆するにとどまっているように見える作品には確かにすごい魅力がある
とても続きが気になるのであるしかし想像してるうちが花だろう
この先どんなに素晴らしい展開が待ち受けていたとしてもそれは本ような作品に見えてしまうことだろう
この書きかけで終わっていると言う状態が想像力を刺激してとても楽しいのである

波打ち際の近くで
幸せな和の人生のルーツとなった祖母の2択の決断について思いをめぐらせるお話
状況と心理にかぶせてくる背景描写が巧みである

ライド
失われた家族モノ
郷愁を呼び起こす?エピソード
イマイチな父親とそれでも一緒にいる

バースデイガール
村上春樹の作品だ
それとなくわかった
人生、願い、時の流れ、思いをめぐらせさせる
願いがなんなのか
かなったかなどは問題ではないのだ
かつてどうあって
どうあろうとし、
いまどうあり
どうなっていくか


« ガルバンソ (ひよこ豆) 生 1kg 神戸のおまめさん みの屋 | トップページ | 爆発する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842538/59404625

この記事へのトラックバック一覧です: バースデイ・ストーリーズ (村上春樹翻訳ライブラリー) 新書 – January, 2006 村上 春樹 (翻訳):

« ガルバンソ (ひよこ豆) 生 1kg 神戸のおまめさん みの屋 | トップページ | 爆発する »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ