.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

オディロン・ルドン―自作を語る画文集 夢のなかで [単行本] Odilon Redon (原著), 藤田 尊潮 (翻訳), オディロン ルドン

作者の手紙や記述、インタビューによって作品を解説したシリーズのルドン編。
幻想絵画の創作の秘密に迫れるか。

ドローイングレッスン -古典に学ぶリアリズム表現法- ハードカバー [大型本] ジュリエット・アリスティデス(Juliette Aristides) (著), 平谷 早苗 (編集), 株式会社Bスプラウト (翻訳)

黄金比とかはオカルトだと思うけどなあ・・・

明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217) [ムック] 山下 裕二 (監修)

書店で立ち読みして衝撃を受けた。
明治維新で幕府の仕事を失った職人集団たちと
明治政府の殖産工業制作が合致してものすごい作品を生み出すことになった。
その技術、手間は想像を絶する。オーパーツのようである。

暴力脱獄 [Blu-ray] ポール・ニューマン (出演), ジョージ・ケネディ (出演), スチュアート・ローゼンバーグ (監督)

ポールニューマン主演の脱獄もの。
脱獄もの映画は反体制というテーマを描くことになる。
アメリカ人は昔から洗車する女が好きなんだな。
ポールニューマンがコメディをやっている。
従順な振りをして相手を信用させてスキを作り逃げる。
映画「さらば冬のかもめ」に似ている。
そして最後は・・・

美術手帖3月号増刊 ラファエル前派 19世紀イギリスの美術革命 [雑誌] 美術手帖編集部 (編集)

ラファエル前派についてよーーーーーーーーーーーーーくわかった。
印刷もよくラファエル前派の著名な作品を網羅していた。
もう少し創作の秘密などに突っ込んで欲しかった。

アルゴ<エクステンデッド・バージョン> [Blu-ray] ベン・アフレック (監督), ブライアン・クランストン (出演), ベン・アフレック (監督)

ベン・アフレック監督作品。
イランにおける1979年イランアメリカ大使館人質事件を描いた映画。
映画の撮影スタッフ()に扮してイランのカナダ大使館から脱出を試みるCIA諜報員の奮闘。
イランでは反イラン的映画として批判された。
ハリウッド的な普通のエンタティメントに仕上がっている。
つまらない。

金融庁が海外に地銀の「共同銀行」設立検討、中小企業の進出支援 2014年04月28日(月)19時38分

複数の地銀が共同で海外に銀行を設立する共同銀行を金融庁が検討中。
地方銀行の再編を加速させたい金融庁が国内の投資先に困り地方で衰退しつつある地銀をまとめて海外で戦略的な役割を担わせたいようだ。
その先にあるのは新たなるメガバンクなのか?
金融庁が音頭を取る過程で国家の介入する特殊な機関となるのか?
こういう発想が出てくる官僚ってすごいなと思う。
金融庁が海外に地銀の「共同銀行」設立検討、中小企業の進出支援
2014年04月28日(月)19時38分

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2014/04/125180.php

ImageGeterはすばらしい。

ImageGeterはすばらしい。
指定したURLから画像を条件付でダウンロードしてくれる。
リンク先もチェックしてくれる。
便利すぎる。

http://uwa.potetihouse.com/soft/imagegeter.html

無為庵乃書窓

すごいサイトを見つけた。

といってもとても有名みたいだが。

無為庵乃書窓

http://www.muian.com/index.htm

幻想美術系の趣味が俺と合致している。
質も量も素晴らしいサイトだ。
グーグルアドセンスでも貼れば大儲けできそうだがそれは野暮のようだ。
作者様はたっぷりお金を持って隠居されている。
しかしこのサイト、著作権などはクリアしているのだろうか?
すこし心配である。

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション [DVD] ヒース・レジャー (出演), ジェイク・ギレンホール (出演), アン・リー (監督)

ヒース・レジャーが出演してるのかよ。
偉大な俳優の貴重な一作。
ゲイ同士の愛情を描いた作品のようだ。
アメリカではこれが広く受け入れられヒットしたらしい。
アメリカ国民の懐の深さを示すことになった。
テレビのバラエティではすっかりゲイ、オカマタレントが人気者になったが
映像分野でもそろそろ本格的な評価を受ける日が近いかもしれない。
本作が2005年の作品。
アメリカで起こった事は五年後に日本でも起こると言われていたのにもう期限から4年も経過している。
愛の物語だった。
ドぎつさはなく、悲劇的な愛が描かれている。

誰かkindle電子書籍の価格トラッキングツールを作ってくれ。

なぜか普通の価格トラッキングツールではamazonのキンドル本の価格を追跡できない。 誰か作っておくれよ。

Dark Souls: Design Works [ハードカバー] M. Kirie Hayashi (翻訳)

レア本となってしまったか。

水を気体・液体・固体の状態に同時に発生させる実験

風立ちぬ [Blu-ray] 宮崎駿 (監督)

パッケージだけ見るとナウシカみたいだ。
宮崎アニメの文句の付けようもない誠実でマジメな主人公。
だがこの映画だと教育勅語によって教育されたのだと感じてしまう。
牛で飛行機を運ぶ!当時のディティールが楽しい。
メカ描写の凄まじさ。監督の趣味であり引退作だから力の入れ方が違う。

グリーン・ランタン [Blu-ray] ライアン・レイノルズ (出演), ブレイク・ライブリー (出演), マーティン・キャンベル (監督)

アメコミでよく出てくるグリーンランタン。
どんな話なのかは知らなかった。コケた映画らしいけどどうなんだろう。

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [Blu-ray] ヨアン・グリフィズ (出演), クリス・エヴァンス (出演), ティム・ストーリー (監督)

四人の宇宙飛行士が放射線にさらされてスーパーパワーを得るストーリー。
アメコミヒーローものだ。続編も作られた。

日活100周年邦画クラシック GREAT20 ビルマの竪琴 HDリマスター版 [DVD] 三国連太郎 (出演), 安井昌二 (出演), 市川崑 (監督)

古いな。

もうすこし・・・もうすこしでうまくいくはず・・・

そろそろランクアップする気がする。成長の階段を上れるような・・・

Ghsrg

英雄 ~HERO~ Blu-ray ジェット・リー (出演), トニー・レオン (出演), チャン・イーモウ (監督)

DVDのメニュー画面がダサすぎて心配したが美術は一級。
どうやら中国で作られた映画のようだ。
ミュージカル色の強いアーティスティックなつくりの時代劇。

今度はもっと明度差彩度差を狭めて書いてみよう。グラデーションも多用して

肌は難しい

バラバラだな

Dgasga

127時間 DVD&ブルーレイセット(初回生産限定) ジェームズ・フランコ (出演), ケイト・マーラ (出演), ダニー・ボイル (監督)

ノリのいい冒険ロードムービー
のようだが実際はかなりキツいグロ映画だ。
楽しいのは最初の15分だけでその後は見ていられない・・・
あまり葛藤や苦痛が描かれていなかったな。

黒人

とりあえず三色で描くべきなのか

Negroid

イーオン・フラックス [Blu-ray] シャーリーズ・セロン (出演), マートン・ソーカス (出演), カリン・クサマ (監督)

マトリックスのフォロアーである映画。
美術はすごくいい。が、それだけの映画。
見せ場もあまり盛り上がらない。
美術のセンスがいいだけに残念。

恋の罪 [Blu-ray] (2011) 水野美紀 (出演), 冨樫真 (出演), 園子温 (監督)

業界を干された水野美紀が園監督のもとで裸一貫でがんばっている。
が、つまらない。煙にまかれたようだ。

謝罪の王様 [Blu-ray] 阿部サダヲ (出演), 井上真央 (出演), 水田伸生 (監督)

クドカンだああああああああああああああああああ
やっぱおもしれえええええええええええええええええ
なんかでもちょっといい話にしようとしてるのが気に入らない。
でも感動した。バカヤロー
巧みに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のように練り上げられ各エピソードが絡み合うシナリオ。
オチがくだらなすぎる意外はおもしろい。
オチが酷いから最後にPV持ってきたのか?

バグダッド・カフェ 完全版 [DVD] マリアンネ・ゼーゲブレヒト (出演), パーシー・アドロン (監督)

ひょっとしたら二度目かもしれないが、見たこと自体は全て忘れている。
こんなに豊かな画面だったのか。

Ninja Scroll (獣兵衛忍風帖) 北米版 [Blu-ray] (1993) Ninja Scroll (アーティスト)

アメリカで高く評価されている忍者モノアニメーション。
アメリカ人は忍者ならなんでもいいんじゃないだろうか。
日本では知る人ぞ知るといった様子でヒットはしていない。
ハンターハンターや幽遊白書の冨樫義博が元ネタとしている節がある。
キルアや黄泉の元ネタのキャラがでている。

紀子の食卓 プレミアム・エディション [DVD] 吹石一恵 (出演), つぐみ (出演), 園子温 (監督)

「自殺サークル」で壮大にジャーマンスープレックスをかました園子温。
「冷たい熱帯魚」「地獄でなぜ悪い」は良かったが大丈夫か?
期待と不安が入り混じる。
吉高由里子が吹石一恵の妹役で出演している。
自殺サークルの続編らしく、ちょくちょく映像が出てくる。
そんな話だったのか。
55分あたりの吹石のおっぱいがエロすぎる。
い、いや、これは芸術だ・・・
すいません。この映画、よくわかりません。つまらないです。

俺たちニュースキャスター [Blu-ray] ウィル・フェレル (出演), クリスティーナ・アップルゲイト (出演), アダム・マッケイ (監督)

再生できぬ

サラマンダー [Blu-ray] マシュー・マコノヒー (出演), クリスチャン・ベイル (出演), ロブ・ボウマン (監督)

現代の炭鉱?から出てきたドラゴンが人類を脅かすほど繁殖して増えた・・・
人類文明は崩壊の瀬戸際に立たされた。というバカバカしい設定。
設定がバカバカしくても・・・展開が光る映画はあるのでちゃんと見てみよう。
人類側内部の派閥抗争。敵役の言い分にも理がある。
衰退した文明でエネルギーもテクノロジーも失われているのだろう。
どう見てもスターウォーズな劇芝居をやって子供達を沸かせているシーンが秀逸だ。
きっと人類が衰退すればこういう事になる。
思いのほか良いシーンだった。これは期待できる映画かもしれない。
サラマンダーのデザインは中世ファンタジーに出てくる姿そのものだ。
現代的な要素は全くない。
もうちょっと捻らないと物語りにのめりこむ際の障害になったままだ。
ウィングスーツで落下しながらサラマンダーと戦う。
斬新だ。中世ファンタジーではこんな場面はありえない。
あまりおもしろくはない・・・

続きを読む "サラマンダー [Blu-ray] マシュー・マコノヒー (出演), クリスチャン・ベイル (出演), ロブ・ボウマン (監督) " »

レ・ミゼラブル (デジタル・コピー付) [Blu-ray] (2012) ヒュー・ジャックマン (出演), ラッセル・クロウ (出演), トム・フーパー (監督)

小学生のころに読んだ「ああ、無情」は難しくてわからなかった。
が、この映画を見るとさまざまなシーンが蘇る。一応最後まで読んでいたようだ。
こういう話だったんだな。
過去との世界との対決の話。
この逆の話が巌窟王なのかもしれない。
明治時代のゴシップ氏に連載されて日本でも有名になったらしい。
ちょっと意外。
修道院に逃げ込み、アジール権で警官を寄せ付けないやり方はおもしろい。
小説とはいえ当時の世相、政治背景などが織り込まれているのは興味深い。
物語と時代背景がリンクしている。
セカイ系と呼ばれるジャンルに似ている。
主人公の物語、心理、置かれている状況が世界のありようを変える。
この物語は変えているように、リンクしているように見えるのだ。

ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う [単行本] 今枝 昌宏 (著)

kindle版を購入。
ビジネスモデルの百科事典のようなものがないかと思ってたがこれに行き当たった。
アレックスの「ビジネス・モデル・ジェネレーション」は見知っていたが装丁からしてふざけた本だと思っていた。
どうやら違っていたようだ。
この「ビジネスモデルの教科書」は「ビジネス・モデル・ジェネレーション」を下敷きにしている。
いくつかの要素を付け加えて出版されている。
こうなるといずれ「ビジネス・モデル・ジェネレーション」も読まないとならないだろう。
この「ビジネスモデルの教科書」では成功したビジネスモデルの例を挙げている。
紹介されているビジネスモデル
1・地域ドミナント
2・クリームスキミング
3・特定市場の支配
4・グローバル化
5・顧客ライフサイクルマネジメント
6・顧客の購買代理
7・プラットフォーム
8・ソリューション
9・同質化
10・アンバンドリング
11・デファクトスタンダード
12・ブルーオーシャン
13・レーザーブレード
14・フリー
15・敵の収益源の破壊
16・チャネル関係性の利用
17・ダイレクト
18・サプライチェーン種別の変更
19・機能外販
20・リソース先制
21・マクドナルド化
22・提携先のレバレッジ
23・強者連合
24・資源再配分の加速
25・同業との統合
26・周辺産業との統合
27・ブランド買収・再生
28・川下への進出
29・川上統合によるブラックボックス化
30・中立性・専属性のマネジメント
31・レバレッジドバイアウト
これらが主に日本企業を例として説明されているのでイメージしやすい。
4/22に1425円で買ったkindle版が4/26に1152円に値下げされていた・・・

サンクタム 3D&2D(デジタルコピー付3枚組) [Blu-ray] リチャード・クロスバーグ (出演), リース・ウェイクフィールド (出演), アリスター・グリアソン (監督)

SFかと思ったらノンフィクションかよ・・・
洞窟探検アドベンチャーってのはこれまでなかったような。
ジュラシックパークの様なオーナーと現場のプロの対立がトラブルを?
半月も日光を浴びてないクルーとか。
アバターにもこんな大穴があったな。
キャメロンが友人のために宣伝に名前を貸した作品。
「ねえジョシュ。落とさないって約束して。」←伏線だな。
ヒネた目で見ていたが30分あたりのシーン。
ものすごい。一気に引き込まれた。よくあるハリウッド映画のセオリーに則った展開なのに。
見たこともない状況だった。溺れる展開は予想できたがどうなるかわからなかった。
これはクリフハンガーやダンテズピークのような名作だ。
水中洞窟探検ものとしての名作映画だ。
60分ほどでこの映画の目的地が地上ではない事が明かされる。
なんてことだ。とんでもない冒険になる。
生死を巡る探険家たちの威厳ある行動。
想像以上に多様なエピソードが暗い洞窟の中で展開される。
これはいい映画だ。ハリウッド的でありながらしっかりしている。
おもしろい。

ハロン湾と石林と桂林は

同じ石灰岩のカルスト台地である。
繋がっている。

インターネットがつまらない

もう充分に楽しませてもらったが。
ネット普及の初期段階の異様な面白さはもう失われた。
もはや大抵の雑学もコミュニケーションも陳腐なものになってしまった。
サービスもアプリもガジェットも新しいものはもう見当たらない。
これからはどんどんネット離れが進むだろう。
テレビ離れと同様に。
そうしたら次はみんな何をやるのだろうか?

吉野家の意外なレシピ

吉野家の牛丼は白ワインで煮たりしている。

夜泣きは子作り阻止のため

もうなにも信じられんわ。
人間には自然な愛情なんてなくて全ては生存戦略の賜物なのかもしれない。
赤ん坊の夜泣きは両親の子作りを阻止し、生き残る確率を上げるためのものらしい。
夜泣きすら打算の産物なのか。

生きてるものはいないのか [DVD] 染谷将太 (出演), 高梨臨 (出演), 石井岳龍 (監督)

「地獄でなぜ悪い」を紹介してくれた人が同時に勧めてくれてた作品。
さておもしろいのかな。
なんだこれ。セオリーを外してくる。
食パンかじるなよ。まるごと。
倒れるなよ急に。
与えるなよパンを。
みんな発作を起こして死んでいく。
やがてみんな死ぬだろう。
音量MAXにしても聞き取れない台詞などがあった。
邦画はこんなの多いな。
ウンコのくだりで見放した。
演劇でやれ!
過程のインパクトやフックのある描写、演出が主で、全体としては成立していない。
それでもちょくちょくユーモアのある奇妙なシーンがあるので見てみても損はない。

押見 修造

悪の華は夏祭りまでしか読んでない。
おもしろかった。
描いてる押見修造は本物の変態だと思った。
ただの性欲の強い人とかではなくて、何か想像もつかない変化球を速度を伴って投げられる鬼って感じだった。
「女の体になってみたい。」という男子中学生の妄想にリアリティを与えて女の苦労なんかもスパイスにしてエンタメに昇華した「ぼくは麻里のなか」
ネットをやってると美少女になりたいというオタクを見かける。
女装したい人とかもマイナーなメディアでちょいちょい見かける。
草食系の先にこんな狂った状況があるのかもしれない。
少し前のアメリカや日本でもビジュアル系と言われた女装趣味が流行った。
日本にはもともと若い男性を女装させて楽しむ文化がある。
歌舞伎の女形とかもその派生である。
宝塚の男役なんかもそうだし、テレビでこれだけオカマやゲイがそのものを芸としてテレビにでて受け入れられているのも日本だけだ。
他の文化ではオカマやゲイの差別は避けるが、それ自体が特別な個性として、あるいはそれだけによってテレビに出ることはあまりない。
音楽家や映画監督がたまたまゲイだったとしても差別はしないというだけで、
ジェンダーフリーだからバラエティでクイズに答えましょうって事にはならない。
日本の奇妙なところはそういうものをからかうわけでもあげつらうわけでもなく、
やりとりとして日常や公共の中に取り込んでしまっているところだ。
日本は性に関しては最も先進的な文明かもしれない。
これもまた作者の経験を基に吃音を作品にした「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」。
厳格な家庭で厳しくしつけられるとどもり、吃音を発症すると言われているが、原因はそれだけではないらしい。
ただこの作品はあまりおもしろくなかった。消化不良だ。
あまり話を広げられなかったのかもしれない。
幽体離脱してセックスするという作品。
「真夜中のパラノイアスター」。
これも幽体離脱してみたいという男子中学生の妄想にリアリティを与えており、
想像力が幽体離脱のデメリットによって傷つく描写などにつながっている。
妄想による設定を想像力で拡大してリアリティすら感じさせるまで精緻に至るまで描写する。
それがこの作者の個性なのだろう。
毛深い女の子の無駄毛をそってあげるという作品。
これも上記の押見の特性が反映されている。
押見作品はエロと想像力とフェチが融合されている。
企画ものアダルトビデオの世界に叙情性を足している。
「芸術だからという説得でヌードモデルをやらせたい」という男子中学生の妄想を反映した作品。
「アバンギャルド夢子」
ちんこを見てみた過ぎる女子高校生ががんばってなんとかするマンガ。
ギャグ性能が高い。押見氏はこのギャグ+エロ妄想+リアリティ路線だったころはあまり売れていなかったようだ。
売れ始めたのが悪の華以降とすれば、ギャグ要素が余計だったのかもしれない。
絵がうまくなったのもあるだろう。画面の緊張感のようなものがエロ妄想とリアリズムを際立たせ、格調高く押見作品を演出するに至って広く受け入れられるようになったのかもしれない。
しょせん素人評ではあるが。
これはほぼ読み飛ばした。「風俗の女が悪魔サキュパスだったら」という妄想をベースに貧乳フェチを描いたものだ。
暴力的な女性ホルモンがなんか嫌って男の心理をくすぐる。
エロ要素は汚く見えるし、ギャグ要素は距離を感じる。設定がわかりやすすぎるのも興味を惹かれない。
押見作品の魅力を支えるのは謎なのではないかな。
ここまでの作品には一言では説明の出来ない設定の謎があった。
この作品には悪魔の正体もハッキリし、主人公のフェチの理由も示されており、読者の興味をひく謎がない。
真夜中のパラノイアスターは未読。

飢餓海峡 [DVD] 三国連太郎 (出演), 高倉健 (出演), 内田吐夢 (監督)

北海道周辺の海峡で何ヶ月も漂流してた船で起きた食人事件・・・
そんな話かと思ってたらぜんぜんちがってた。
プロットが「砂の器」に似ている。
砂の器 デジタルリマスター2005 [Blu-ray] 丹波哲郎 (出演), 加藤剛 (出演), 野村芳太郎 (監督)
そっくりだ。戦後の混乱で経歴を変えたり別の人物と入れ替わるといったネタは「犬神家の一族」のようによくみられるモチーフだ。
物語の仕立て方が洗練されていないと感じる。
最初の事件については最後まで種明かしされないが、現在この作品を映画化するとなると
まず八重の遺体発見現場から物語りは始まるだろう。
そして過去の事件に遡って謎が解き明かされていくだろう。
八重と犬飼の出会いシーンが前半に挿入されるなんてやり方は構成としてどうなのだろう。
今年でちょうど制作から50年も経つから歪さが目立つのは仕方のないことなのかもしれない。

シュガー・ラッシュ 3Dスーパー・セット(3枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray] ディズニー (出演), リッチ・ムーア (監督)

3Dモデルの制作にzbrushを使っているらしい。
おかげで表現力が上がっている。
ディフォルメされた子供用のキャラクターでもzbrushの効果があるんだな。
物語はレトロゲーム版トイストーリーだ。少しモンスターズインクっぽいところもある。
おもちゃではなくドット絵8ビットアーケードゲーム筐体に出ていたようなキャラクター達が意外な私生活を公表する。
ザンギエフやクッパ大王やパックマンやベガがセラピーで一堂に介したり・・・
ちょい役でソニックが出ていたりする。
そして内面の問題を克服していく。
実験的な3Dアニメーション表現がふんだんに盛り込まれた意欲作。
リミテッドアニメーションの様なものも含まれている。
もともとドット絵の世界のキャラクター達を3D化してるわけだけど動きはドット絵として動かしている。
3Dモデルをリミテッドで動かすという試みはうまくいっている。
ストップモーションのクレイアニメみたいになっている。というかそのものだ。
コールオブデューティの権利は取れなかったようだ。
FPSの世界でチャップリンのようなスラップスティックコメディを演じるキャラクターには圧巻だ。
ディズニーの新しい試みが楽しい。
エンドロールも最後まで見たのは久しぶりだ。

カウボーイ&エイリアン 未体験ロング・バージョン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] ダニエル・クレイグ (出演), ハリソン・フォード (出演), ジョン・ファヴロー (監督)

007慰めの報酬のダニエルクレイブ主演。
汚い格好のダニエルクレイブはまるで往年の名優のような顔に見える。
カーク・ダグラスを思い出した。全く顔は違うのに。
ほほのシワ。顔の掘りの形などが渋みを感じさせる。
西部劇に居そうなのだ。溶け込んでいる。
スカイフィッシュのような戦闘機型UFOが出てくる。
設定も演出も脚本も酷いものだ・・・・

キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組) アーロン・ジョンソン (出演), クロエ・グレース・モレッツ (出演), マシュー・ヴォーン (監督)

ずっと見てなかっ名作・・・
スーパーヒーローをお金持ちやその辺の高校生ががんばってやってみたらどうなるか・・・
youtube経由で人気が拡がるとかフォロアーが現れるってのが現代的だ。
主人公がとことんリンチされるあたりがリアルだね。仕方ないね。
ロボコップだってそうだもんね。

ジャックと天空の巨人 3D&2Dブルーレイセット(2枚組)(初回限定版) [Blu-ray] ニコラス・ホルト (出演), エレノア・トムリンソン (出演), ブライアン・シンガー (監督)

ジャックと豆の木をCG映像化した作品。
冒頭からコレジャナイ感じがすごい。
本当にコレなのか。
シニカルな欧米の現代的なお笑いシーンが入る映画。
マトリックスなどのパロディもある。
最大の見せ場である巨人が出てくるまで60分以上かかる。
意外と低予算なのでは?
パッケージのイメージとは裏腹にかなり安っぽい画面が上映時間の半分以上を占める。
オススメしない!
いまどき植物のツルが蛇のように撒きついてくる演出を手動でやってるし。
期待した割には露骨なショボさが目立つ。
最大の欠点は巨人が小さいことだろう。
身長約1.5メートルほどである。・・・いくらなんでもおかしいな・・・・と思ったら騙されたあああ
これ全く別の「クロエ・グレース・モレッツ ジャックと天空の巨人」じゃねえかよ!!
クロエはキックアスという映画で有名になった子役のようです・・・・
というわけで以下から本当のレビューです。

BUNGO-日本文学シネマ- DVD BOX [Import: Taiwan] 音声 日本語 / 字幕 中国語 佐藤隆太 (メインアーティスト), 成宮寛貴 (メインアーティスト), 冨樫森 (監督), 橋本光二郎 (監督)

原作改変しすぎだろ・・・
原型留めてないじゃねえか。
物語の意味合いが全く変わっている作品がある。
それでも意欲的な試みではある。
注文の多い料理店
宮迫と石原さとみが相手から別れを切り出させたい不倫カップルをサスペンスタッチで演じる。
アレンジが多すぎる気がする。
注文の多い料理店だけではタネがバレバレすぎて尺が長すぎてもたないからサイドストーリーをくっつけたんだろうけど・・・
事あるごとに「別れたい?」を連呼してくだらない。
結末も設定をうまく処理できてなくて放り出している。
キャスティングありきのダメすぎる脚本だ。

HOME 愛しの座敷わらし スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] 水谷豊 (出演), 安田成美 (出演), 和泉聖治 (監督)

まただ。また橋本愛が制服姿で出演している。
もう制服姿以外の出演が見つからないほど制服ばかりだわ。
座敷童の出てくるお話はみんなおなじ過程をたどる。
座敷ワラシが出始める。
気味悪がる
家が栄える
座敷ワラシのせいとは気づかずお払いしたり引っ越したりする。
家が衰退する
座敷ワラシのおかげだと気づく
和解
この映画も同じ過程をなぞる。
タイトルからしてバッドエンドにはなりようがない。
飯島直子を久しぶりに見た。オバちゃんになっていい枯れ方をしている。
スザンヌや長島一茂も出演している。

自殺サークル [DVD] 石橋凌 (出演), 永瀬正敏 (出演), 園子温 (監督)

さとう珠緒と宝生舞が若い。
もう12年前の作品なんだなあ。
漫画原作とは知らなかった。
監督は園子温。
全てが豪華だ。
唐突に現れるローリー寺西。
笑わせようとしているのか。
最期までみた。
これは失敗作だな。

週刊真木よう子〔DVD-BOX 初回限定生産版〕 真木よう子 (出演), 阿部サダヲ (出演), 大根仁 (監督), 山下敦弘 (監督)

ジャケ買いしたがどうなんだ・・・・
第一話ねぎぼうず
どうせテレビドラマなのか・・・
思ったよりもエロかったがつまらん!
エロかったが!

牛丼屋の半熟卵の原価は

40円ほど。

冷たい熱帯魚 [Blu-ray] 吹越満 (出演), でんでん (出演), 園子温 (監督)

園子温という名前は聞いてたが、「生きてるものはいないのか」を見るまで注目してなかった。
「自殺サークル」は予告編だけ見て気になっていたが10年以上放置していた。
園子温園子温と言われまくっても自然にスルーしていたのだ。
「生きてるものはいないのか」は主演が良かった。
ぎらっぎらっした映画を撮る人だという印象がある。
園の上京エピソードもおもしろかったので「冷たい熱帯魚」も見てみた。
何だかいろいろ画面が安っぽいがプロットが新鮮だ。
でもなんだか不安だ。本当におもしろいのかな。
おもしろいな。社長がすごくいいキャラしてる。
役者冥利に尽きるだろうな。
劇画的だが、何も問題はねえ。
演劇芝居っぽいな。
一瞬で引きずり込まれる。
見せ場、盛り上がりも多い。すごいエンタティメントだ。
妙なシチュエーションも多い。
尼崎監禁事件や北九州監禁殺人事件などを彷彿とさせるが、
社長のキャラが陰惨さをスレスレのところで緩和している。
奇妙な映画だ。園すごい。
そしてすごい。115分あたりすごい。ファイトクラブだ。
スプラッター描写が多いので注意。

U・ボート ディレクターズ・カット [Blu-ray] ユルゲン・プロホノフ (出演), ヘルベルト・グレーネマイヤー (出演), ウォルフガング・ペーターゼン (監督)

クリムゾンタイドやK-19やレッドオクトーバーを追え!などにも影響を与えた潜水艦映画の名作。
乗組員が耳を潜めながら艦長の戦術に耳を澄ます。緊張感。希望。
噴出す水、きしむ艦体。ソナー音。沈黙。
衝撃と怒号。アラートと損傷報告。対応。
さまざまな潜水艦ものの基本となっているフォーマットだろう。
ディレクターズカット版は映画そのものには不必要であろう艦内の生活の様子などがふんだんに盛り込まれている。
そして悲劇の結末・・・1981年の西ドイツではナチスを賛美するような結末は許されなかったのだろうな。

ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray] マット・デイモン (出演), セシル・ド・フランス (出演), クリント・イーストウッド (プロデュース)

冒頭の津波シーンは311東関東大震災の記憶を呼び覚ます。
本当にすごいVFXだ。その辺のパニック映画でもここまでしっかり作るものはなかなかない。
だが映画の内容はイタコ霊能者のマットディモンが問題を解決していくものだ。
パニック映画ではなかった。
冒頭の津波シーンを引き摺りながら津波とは全く関係しないマット・ディモンの生活に話は移る。
事故死した双子の弟のお話。津波に巻き込まれて見えるようになったニュースキャスターの話。
それぞれがなかなか絡み合わないまま130分の上映時間のうち既に100分が過ぎた。
いったいこの三者はいつ出会うのだろうか。
107分で三者が同時に出会った。あと23分しかない。
間に合うのか。
そして主人公とヒロインがであった瞬間でエンディングだ。
こんな映画は他にないだろう。

cube

実物を見て描かないとダメだな・・・

Cube

リアル・スティール DVD+ブルーレイセット [Blu-ray] ヒュー・ジャックマン (出演), ダコタ・ゴヨ (出演), ショーン・レヴィ (監督)

売れない見世物ロボットバトル興業師の物語。
SFが日常に。
失われた家族もの。
2年以上北米を離れていて日本にも立ち寄ったロボットは日本甲冑仕様で「超悪男子」という漢字がペイントされていた。
ダセ・・・かっこいい。
鉄人28号+ロボット三四郎。
「模倣機能が付いてる。珍しい」
この時点でもう最後のオチが読めてしまう。
地味なロボットがボクシングを始めると途端にかっこよくなる。
ロッキー+パシフィックリム

ペット・セメタリー [DVD] ディル・ミッドキフ (出演), フレッド・グウィン (出演), メアリー・ランバート (監督)

埋めると蘇るペット霊園に人間を埋めると・・・・
スタートレックTNG一期でリストラされたデニーズ・クロスビーが主役一家の奥さん役で出演している。若いな。

竹取物語 【期間限定プライス版】 [DVD] 沢口靖子 (出演), 中井貴一 (出演), 市川 崑 (監督), 中野昭慶 (監督)

沢口靖子と言えば「靖子のレンジは使いYASUKO!」というCMが有名ですがそんな沢口靖子が主演している竹取物語。
エッジの効いたSF風味のジャケットに引かれてみてみました。
市川昆監督作品。
ちょっとしたカット、ライティングが攻める攻める。
これはちょっと普通の映画とは違うぞと画面からアピールしてきます。
この映像美は古くない。使い古されても居ない。新鮮です。

カトゥリ・カルミナ

カール・オルフ作の歌曲カルミナ・ブラーナに続く作品。
歌詞がアホみたいに卑猥な言葉の連呼である。

電球の仕様

60w
54w12A

ジョン・カーター 3Dスーパー・セット(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray] テイラー・キッチュ (出演), リン・コリンズ (出演), アンドリュー・スタントン (監督)

ハリウッドがファイナルファンタジーを映画化したら・・・
そんな映像。
のっけからVFXバリバリ使っている。
世界で好評。北米で不評だ。
アメリカ人は何が気に入らないのだろうか。
ビジュアル的な満足度は高い。
20分あたりの重力の描写はおもしろいがもう少しワイヤーアクションらしさをなんとかできないのかな。
スターウォーズのような作品である。
よく考証が作りこまれている印象がある。
さりげない未知の文化などだ。
ネーミングセンスは酷い。
バスルームとかヘリウムとか。
既存の単語に似ているものやモッサリしたものばかり。
しかし最近は本当にすごいな。
10年前ならこのレベルのSF映画はスターウォーズぐらいしか作りこめなかったのに。

ブージェング

錯視を起こす武器。
るろうに検針の般若がこんな腕だったな。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 1&2 ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray] ローガン・ラーマン (出演), アレクサンドラ・ダダリオ (出演), クリス・コロンバス (プロデュース)

見たところ、ハリーポッターみたいなジュブナイル向けXMEN型能力バトルみたいだがどんな話なんだろう。
まずいきなりでかいオッサンが海から出てきて港から陸に上がる。
この時点で泣きそうになる。
冒頭でいきなりゼウスとポセイドンが深刻な対立を始める。
ものの5分ほどの言い争いで戦争になるといい始める。
早い。原因はゼウスが雷を盗まれたというもの。
ハリーポッターの例からして映画にまとめるときにメチャクチャになってるのかもしれない。
主人公は家庭環境が悪く、劣等生だが神々の力を授かり戦いに赴く・・・
一昔前の日本の漫画によくありそうな設定と展開だ。
それを本気で映像化している。
ちょくちょく演出が失敗してる場面があるが・・・
楽しもう。すごいVFXだ。
ストーリーは子供向け。割り切ってみるべきだ。
ケンタウロスが偉そうに説教したりしてると笑ってしまうが。
本当にすごいVFXだ。もっと大人向けにちゃんと作ってもいいんじゃないか。
なんだかもったいない。

世界侵略:ロサンゼルス決戦(Mastered in 4K) [Blu-ray] アーロン・エッカート (出演), ミシェル・ロドリゲス (出演), ジョナサン・リーベスマン (監督)

謎のロボットの侵略者と戦うお話。
陸軍部隊がロサンジェルスでチームで四苦八苦する。
戦いはリアル。
「どこを刺せば死ぬんだー!?」と戦場で宇宙人で人体実験したりします。
戦況もわからず、敵の目的もわからず。
文明は向こうの方が上。
絶望的な戦争を描き出す。
アメリカ人が本当におびえられるほど強い敵はもう高度な文明を持つ宇宙人ぐらいしかいないのかもしれない。
ダークナイトのトゥーフェイス役(アーロン・エッカート)が悩める部隊長役を演じている。
B級臭漂う邦題とは裏腹に、一級のCG、演出、世界観、展開がある。
この邦題は売る気がないとしか思えない。
「ワールド・インベイション」でいいじゃないか。
評論家の評価は国内外でおしなべて低い。当たり前か。
エイリアン相手の戦争映画であり、エイリアンの正体がわかるまでの緊張感は一見の価値があるが、それだけだ。
予想通りの葛藤や試練を経て予想通りに勝利し、予想通りの感傷を経て、クライマックスを迎える。
始まった瞬間に「ああ、これこんな風になってこんなトラブルがあってこんな解決方法でこんな結末になるんだろうな。」と思った通りに進行した。
おもしろさだけが欠けた完璧なSF戦争映画である。

アイデアを出すためには

雑然としている状況の中に身を置くこと。(カオス・混沌)

情報から隔絶されリラックスしていること。(ホワイトスペース)
目的以外のものにも注意を払い、偶然を大切にすること。(セレンディピティ)
異物からもたらされる要素を尊重すること。(アウトサイダー)
カオス→乱雑さの中にパターンや結びつきを見出す脳の性質を利用する。
ホワイトスペース→人間の夢を見たり空想にふける能力を誘発する。
セレンディピティ→何かがもたらされる可能性にかけ、見つけたものが関係なくても利用する。
アウトサイダー→認知のフレームを外し、硬直した前提条件を変化させる。

洞窟:模写

光の当たってる面をもっと面としてパキっと割ってった方がいいかも。

Cave

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Blu-ray] ブラッド・ピット (出演), ケイト・ブランシェット (出演), デビッド・フィンチャー (監督)

スコット・フィッツジェラルド原作だったんだな・・・

スノーホワイト Blu-ray & DVD (デジタルコピー付) (2012) クリステン・スチュワート (出演), シャーリーズ・セロン (出演), ルパート・サンダーズ (監督)

白雪姫を下敷きにしたホラーファンタジー。
衣装がなかなかアートだ。少ないが・・・
かなりアクション性の強い映画。
クリーチャーもどんどん出てくる。
スノーホワイト・・・?
コケの生えた蛇とか・・小人たちの森のデザインはすごい。
CG映画要素がすごく強い。
1:29のカラスのシーンはすばらしい。
白雪姫+キリスト+ジャンヌダルクみたいになっている。
鎧もすばらしい。

マイティ・ソー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] クリス・ヘムズワース (出演), ナタリー・ポートマン (出演), ケネス・ブラナー (監督)

設定もデザインも物語りもイマイチかなあ。
美術はがんばっているとはいえ・・・
浅野忠信が北欧神話の世界の住人として出演している。
このキャスティングもわけがわからないな。

ヘルメット

Helmet

プロメテウス [Blu-ray] ノオミ・ラパス (出演), マイケル・ファスベンダー (出演), リドリー・スコット (監督)

強い女の出てくるエイリアンシリーズのビギンズもの。
エイリアンシリーズとは女の強さ(リプリー)と女の醜悪さ(エイリアン)との戦いなのだ。
エイリアンは最後にちょっとだけでてくるだけで全体として抑制の効いた表現となっている。

SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] ジョエル・コートニー (出演), エル・ファニング (出演), J.J.エイブラムス (監督)

SFなのか・・・
80年代アメリカの片田舎で何かを輸送中の列車が大事故を起こし空軍が街を調べ始める・・・
街では異常な現象が多発し・・・
事故シーンがものすごい。いきなりこんな事になるなんて・・・
冒頭から引き込まれるシークエンス。
開始30分でここまで盛り上げてくれる映画も久しぶりだわ。
一時間経っても謎は残る・・・おそらく空軍の新兵器だが・・・
映画「ミスト」を思い出す。
ジュブナイルものとSFが並行して進行する。
クライマックス、結末共に予想できてしまう事が残念。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] クリス・エヴァンス (出演), スタンリー・トゥッチ (出演), ジョー・ジョンストン (監督)

アメコミに詳しくないが・・・
スーパーマンに対抗して作られたキャラクターなんだろ?
聖闘士星矢のドラゴン紫龍のドラゴンの盾の元ネタ。
主人公が「国のために戦いたい!」と言っている。
今のアメリカでは難しいキャラクターかもしれない。
身体的コンプレックスがあり、従軍し、人体実験に志願する男。
こんなの子供向けのコミックでやっていいのかよ。
ひ弱な男が実験で一瞬でムキムキになる・・・奇妙すぎる。
筋肉すら自分で培ったものじゃないのかよ。
しかし、特別な装備がなくても、身一つで勇気ある行動をとり人々を助ける本物のヒーローだ!
装備が充実するのは勇気を証明した後だった。
レトロフューチャーなガジェットが登場する良い作品だ。
映画としての構成が非常に良い。
ヒーローものとしての色彩は抑えられており、抑制の効いた描写となっている。
特に前半はヒーローものの矛盾点などを突いた描写などもあり、しっかり作られている。
また最後まで見所がある。
いろんなヒーローものを見たがダークナイトシリーズに匹敵すると思う。
予想以上だった。SF映像だけを目的に見始めたが映画としてとても良く出来ている。
本当に良く出来ている。ハリウッドはまだ死んでなかった。
一時期BOSSのCMで有名になったトミー・リー・ジョーンズが軍曹役で出ている。

性別の変わる村

思春期になると性別が変わる村があるらしい。

近親婚が原因だとか。

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ [Blu-ray] ジョニー・デップ (出演), ミア・ワシコウスカ (出演), ティム・バートン (監督) |

ティムバートン主演のCG映画。
ワクワクする。
結構ざんこくな場面も出てくる。
0:25の城かっこいいな。

バトルシップ [Blu-ray] テイラー・キッチュ (出演), 浅野忠信 (出演), ピーター・バーグ (監督)

オープニングシークエンスはドリフなみ・・・
チキンブリトー・・ってうまいのかな・・・
この映画を見てる人がこんな人なのかな・・・
取って付けたような人間ドラマっぽい茶番がすごくどうでもいい。
米海軍所属の日系アメリカ人として浅野忠信が出演している。
脇役とは思えない。準主役だわ。
しかしバトルになるとワクワクしてくる。ドラマなんていらねえ!
しかし随分とエイリアンは手加減してくれるんだな。
やっぱスポーツ感覚か。
高度な文明との戦いで地味で巧みな戦術で勝つのはおもしろい。
ファーストコンタクトの失敗がテーマってのは意外となかったな。
ミズーリの復活は笑った。配置バッチリでスローモーションじゃねえか。

STAP細胞と311

STAP細胞論文の捏造疑惑が報じられる中、小保方氏が会見した。
来週には共同研究者の笹井氏も会見するという。
この研究に対する批判はSTAP細胞の作成実験を再現できないというものから始まった。
しかしそもそもこの主張は必要とされる器具を用いないものであったり、
1年以上かかるとされる実験をなぜか数週間で否定すると言ったものであった。
また論文の引用の多さや画像の取り違えなどが発覚したが、これはSTAP細胞の存在の有無には直接影響しない。
研究体制は小保方氏の行動をチェックしきれないものであったが、
研究そのものはあくまでも状況証拠を問われているだけで、
決定的なミスがあったとは指摘されていない。
また論文の取り下げはその社会的影響を踏まえ、落ち度を認めたものであり、
研究そのものへの否定を決定的にしている内部の研究者はまだいない。
疑っている人物はいるが。
現在の状況だと小保方氏の雇用を更新した理研などもふくめて、
まだ真実はわからない。
このような状況で関連株を買うべきかは投資家として非常に旨味がある。
世間の大半はSTAP細胞が捏造だと思っているからだ。
このような詐欺事件が頻発しているから
同じような流れと捉える人が多いのである。
もしSTAP細胞の存在が確認されれば関連株は暴騰する。
この状況は発生学に詳しい人々には有利だ。

かつて似たような状況があった。
311と福島原発事故だ。
ほんの3年前のことだが、
信じられないことにあの時には日本株は異常な売られ方をした。
放射能や震災被害を過大に見積もった世界の投資家が投げ売りをしたのだ。

世界の投資家は日本語が理解できてもそのニュアンスはメディアを通して伝わりにくい。
また放射能に対する科学的な認識にもかなりの偏りがあり、
高い知能を持つ人々も様々な学者のもたらす予想に右往左往することとなった。

STAP細胞騒動も似ており、例えハーバードを出て居ても
真実はよくわからないだろう。
Twitterには大学教授の疑いの声と支持する声が入り混じる。
何よりSTAP細胞の直接の研究者の間でも意見が分かれているのだ。
こんな状況は滅多に訪れない。
情報を精査すれば大儲けできそうだ。
個人的な判断を述べておく。
STAP細胞には偽造元とされるES細胞にはない多能性がある。
これは決定的な証拠だ。
無論、これがどこかからもたらされたIPS細胞による偽造といあ可能性はまだ拭えない。
しかし、小保方氏と笹井氏の会見。また、否定側が状況証拠のみの積み重ねであることを考えると、
一般的にはとても完全否定には至らない。
グレーどころではない。
限りなく怪しいと言うわけではなく、限りなく白に見える。
関連株を買いたい。

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Blu-ray] ジェームズ・フランコ (出演), フリーダ・ピント (出演), ルパート・ワイアット (監督)

あの名作「猿の惑星」のダイナミックさをよそに
せせこましい創世記を描いた作品。
原作に寄生してるようなもんだな。
でもおもしろい。やはり核になるアイデアが強い。
猿が主役だけど人間ドラマに見える。
脱獄ものとしても楽しめる。
それにしてもこのサルみんなCGかよ。さすがWETAだな。
モチーフが猿なんでそんなに凄い映像に見えないのが残念だが。
チンパンジー強すぎるな。銃で警備されてる研究施設に簡単にはいっとる。
有色人種への恐怖を描いた猿の惑星だったが、本作はパニック映画の域を出ているのだろうか。
冒頭はハートフルペットもの。
前半は脱獄もの。
後半はシュールなB級パニック映画として楽しめる。
一本の作品としては何だかちぐはぐな印象。
騎馬警官とか初めて見たな。
実在するのだろうか。
セコイアの森のある島へ渡るなら騒がずに夜こっそり渡れば良かった気もするが・・・
ゴリラもすごい。ゴリラの死亡シーンは人間と変わらない。
おかしな。下手すりゃ笑えるシーン。
黒人の配役もあるわけだが、このような映画だと差別的とも言える役回りになっている。
時代なのか。これがよく許されたと思う。

レイジング・ケイン [DVD] ジョン・リスゴー (出演), ロリータ・ダヴィドヴィッチ (出演), ブライアン・デ・パルマ (監督)

ホラーなのか・・
まだ見てない。途中まで・・・

冷血 [DVD] ロバート・ブレイク (出演), スコット・ウィルソン (出演), リチャード・ブルックス (監督)

モノクロの名作映画はたまに見るととてもしみこむ。
プロットと脚本だけで勝負できる映画はとても強い。
人は簡単に殺すが、とても冷血には見えない2人。
不思議な魅力すら感じる。
映画の構成は逃走劇と捜査が並行し、事件当日の描写を経て裁判、独房へ。
最後は死刑執行シーンまでいく。丹念に一つの犯罪者の末路が描かれる。
冷血なのは死刑を支持する社会なのか。死刑にされる犯罪者なのか。

パピヨン [Blu-ray] スティーヴ・マックィーン (出演), ダスティン・ホフマン (出演), フランクリン・J・シャフナー (監督)

オープニングの街の美しさ。時代を感じさせない。
脱獄ものだが、他の脱獄ものとは違って何度も連れ戻されてしまう。
この辺りが現実なのかもしれない。抗えど、簡単には逃げ出せないのだ。

ドニー・ダーコ [DVD] ジェイク・ギレンホール (出演), ジェナ・マローン (出演), リチャード・ケリー (脚本)

開始6分。全く方向性が見えない。


18分あたりの編集は見所がある。


映画はヒットしなかったがビデオは売れたらしい。


何度も見ないとわからない「リバースムービー」と呼ばれる作品らしい。


飛行機が落ちる前にエンジンが落ちてきたり、さまざまな要素が絡みあう。


確かに映画よりビデオの方が売れるだろう。


チャーリーズエンジェルのドリューバリモアも悩める教師を熱演あ。予想に反してループものだった。



REDLINE スタンダード・エディション 【Blu-ray】 木村拓哉 (出演), 蒼井優 (出演), 小池健 (監督)

チキチキマシン猛レースみたいな


スターウォーズエピソード1みたいな


スピードレーサーみたいな


そんなレースアクションバトルアニメ映画。


絵柄やノリ、パースは「TRAVA-FIST PLANET」を思い起こさせる。ってけトラバもシンカイも出てくる。


石井克人と小池健が絡んでるからか。


このアニメの書き込みハンパないですわ。


服のシワ一つとっても気遣いが二倍はあるわ。でもこのオレ、カッコイイだろ?オシャレなアニメだろ?だろ?感が酷いです。臭いです。やっぱりこのノリは90年代で終わったのです。




地獄でなぜ悪い コレクターズエディション [Blu-ray] 國村隼 (出演), 二階堂ふみ (出演), 園子温 (監督)

ハイテンションギャグ映画。青春の抑えられない情熱が今爆発する・・・・!!
その時は来た!2013年の映画としては何だかとっても古臭い感性だがまあ諦めよう。
このムチャクチャさとナンセンスは大好きだ!でもベタな気もするな。
もっと捻って捻って捻って欲しかった!
キルビルのパクリもあり。

ビッグ・リボウスキ [Blu-ray] ジェフ・ブリッジス (出演), ジョン・グッドマン (出演), ジョエル・コーエン (監督)

コーエン兄弟の映画「ファーゴ」はとんでもなくつまらなかった。
これはそんなコーエン兄弟が放つ名作映画だ。
ファーゴよりはいいかな。
ファーゴはラストの木材粉砕機に人間の足が飲み込まれていくのが唯一の見所らしいから。
あんな作り物の足がどうなろうとなんとも思わないさ。
このビッグ・リボウスキは会話にリズムがある。それだけでいい。

シルバラード [Blu-ray] ケビン・クライン (出演), ダニー・グローバー (出演), ローレンス・カスダン (監督)

西部劇を復活させた作品らしい・・・・
が、ちょっと時代劇みたいでおもしろくないんだな・・・
ストーリーは勧善懲悪もの。
4人のスネに傷あるガンマンが集まって街の支配者に戦いを挑み、勝つ。

ジャスティス [DVD] アル・パチーノ (出演), ジョン・フォーサイス (出演), ノーマン・ジュイソン (監督)

裁判もの。
ブルーレイのリリースやDVDの再販がないあたりは人気がないのか。
名作らしいのにいったいなぜなんだろう。
と思ってたらラストはアルパチーノが子供の様なことをわめいて終ってしまった。
問題は解決されず観客はおいてけぼりに。

罪×10(1) (ガンガンコミックスONLINE) [コミック] 山内 泰延 (著)

男子高校生の日常の山内泰延が次回作を描いていたか・・・

気づかなかったよ。独特のギャグセンスは失われていない!

罪×10 公式 読める!

http://www.ganganonline.com/comic/jyuzai/

ベジャール、バレエ、リュミエール [DVD] ドキュメンタリー映画 (出演)

モーリス・ラヴェルの名曲「ボレロ」がテーマ曲のバレエをフランスのバレエ団が取り組む。
練習風景はなぜかつまらないが公演の様子は素晴らしい。
振り付け師のオッサンにフォーカスしてるからだろうか。
ダンサーにフォーカスしたドキュメンタリーではないのだ。
ダンサーの動きを大きく長く映したり、インタビューしたりはあまりしていない。
だがその分、ダンスをわかっている人間のインタビューとアクションを見る事が出来る。
指導者にフォーカスしているから語られる言葉はより重いのではないかな。
バレエ哲学のようなものにも言及している。
しかしこの小太りの男が鏡の前で羽ばたいている姿は哀れみを誘う。

シャークネード [DVD] アイアン・ジーリング (出演)

冒頭からサメ竜巻。
狂ってるぜ。
B級としての期待を裏切らない雑な出来。
浅い波打ち際でも人が脚を噛み付かれてコケる映画。
ヒロインっぽいイメージショットに5分くらい映ってた娘が10分ぐらいで犠牲になってもう出てこない。
陸に打ち上げられたサメをイスで殴って倒す。
口にガスボンベを放り込んで銃で撃って爆発させる。(スピルバーグのジョーズのパクリ)
ジェームスキャメロンの殺人魚フライングキラーを思い起こさせるB級さ。
CGの時代になっても人類は衰退しているのか?
やがて竜巻に乗って現れるサメに街中で襲われるようになる・・・
土管からサメが飛び出してきたところは笑った。
洪水が起きて浸水した家の中でサメに襲われる・・・・
サメって淡水だと死ぬのでは・・?
お金がないんだからそんながんばって映画作るなよ・・・
見なければ良かった・・・

狼よさらば [DVD] チャールズ・ブロンソン (出演), ビンセント・ガーデニア (出演), マイケル・ウィナー (監督)

昔見たルパン三世なんかのアニメの演出、音楽を思い出させる映像。
時代が同じだからか。
やっぱりこういうところに元ネタがあるんだな。
復讐の鬼と化した男の物語。
犯罪者に対する匿名の攻撃による社会の変化・・・
デスノートでこんな描写があったな。
狼よさらば
なのか
おお、神よさらば
なのか
吹き替えで見るとよくわからない。

小説家を見つけたら [DVD] ショーン・コネリー (出演), ロブ・ブラウン (出演), ガス・ヴァン・サント (監督) |

グッドウィル・ハンティング?終盤にマット・ディモンが出てくる。
的な恵まれない天才が才能を見出されて人生を変える物語。
ではなく、友情の物語だった。Aと見せかけて真実はB。
物語の王道の一つ。その道を歩める作品はとても少ない。
未来は託されたのだー。

ワゲニア族の漁

特殊な漁の道具が有名なアフリカ ワゲニア族。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト

amazonで買えない映画か・・・
レンタルした。
メニュー画面が気合入ってる。
スチームパンクなメカ小物も登場する。(ワイルドワイルドウェストではないが)
まじめな西部劇だ。
チャールズブロンソン主演。出番が少なすぎだろ。
ライバルを助けて「あいつは俺が殺す」とか・・・これが元ネタなのか?今なら問題になりそうなセクハラ容認発言。

恋におちて [DVD] ロバート・デ・ニーロ (出演), メリル・ストリープ (出演), ウール・グロスバード (監督)

オープニングの電話のシーン。
素晴らしいアイデアに満ちたシークエンスだ。
このつかみで映画に引き込まれる。
何度もすれ違うのに出会わない。出会ってもうまくいかない。
本当の気持ちを隠して抑えてためらって、会えなくて。
しかし・・
ラブストーリーってめんどくさいね。

ボビー・フィッシャーを探して [DVD] ジョー・モントーニャ (出演), ローレンス・フィッシュバーン (出演), スティーブン・ザイリアン (監督)

語られる「彼」ボビー・フィッシャー。
突如失踪した彼はいったいどこへ?
モーフィアス?モーフィアスか?
若きローレンス・フィッシュバーンが路上の賭けチェスのゴロつきとして出演している。
苦労人だなあ。
敵を倒すためには敵を憎め。軽蔑するんだ。
NOと言う主人公。
物語のテーマだ。
終盤の父親の判断は、ドラゴンボールのセル編の孫悟空の行動の元ネタかと思ったわ。
「子供に教えたい事は山ほどあるのに、結局彼らは自分の力で戦う。」
「クイーンを動かすな」「動かせ」
この映画は良く出来ている。名台詞があり、戦いというものをよく描いている。
わかるまで動かすな。わかるまで動かすな。

虎の尾を踏む男達 [Blu-ray] 大河内傳次郎 (出演), 藤田進 (出演), 黒澤 明 (監督)

すごい古い映画だわ。何もかもが。
演劇風の構成。
関所を変装して通り抜けようとする頼朝たちと、事情をしらないガイド役がくりひろげるコメディ。
情報の差を使って物語を組み上げていく様子が演劇の造りそのものだ。
というかもう完全に演劇のつくりだな。演劇でやれよ。
そして意外なほど関所くぐりはサスペンス。
ジョジョの奇妙な冒険とか好きな人はハマれる。

最も影響力のあったVFX映画まとめ。映画リスト。5

さんがまとめたすごいVFX集。映画のリストがあったので翻訳しておく。
最も影響力のあったVFX映画まとめ。映画リスト。1
http://nanpinking.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/vfx-9100.html
最も影響力のあったVFX映画まとめ。映画リスト。2
http://nanpinking.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/vfx2-5ee4.html
最も影響力のあったVFX映画まとめ。映画リスト。3
http://nanpinking.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/vfx3-ffcc.html
最も影響力のあったVFX映画まとめ。映画リスト。4
http://nanpinking.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/roger-serrabass.html
見てないものリスト
「ホビット 思いがけない冒険」「トラと漂流した227日」「トゥモロー・ワールド「アリス・イン・ワンダーランド」「ベンジャミンバトン」「世界侵略: ロサンゼルス決戦」「パーフェクト ストーム」
「ポセイドン(2005)」「猿の惑星 創世記」「バトルシップ」「ジャックと天空の巨人 」「マイティ・ソー」「スノーホワイト」「ヒアアフター」「インポッシブル」「生きてこそ」「ディス・イズ・ジ・エンド 」
「ローンレンジャー」「プロメテウス」「ファイナル・デッドサーキット」「エンド・オブ・ホワイトハウス」「ホワイトハウス・ダウン」「グランド・イリュージョン」「リアル・スティール」「サラマンダー」「ジョン・カーター」「ホワイトハウスダウン」「スーパー8」「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」「パールハーバー」「ピラニア」「スターリングラード」「トータルリコール」「クロニクル」
「キャプテンアメリカ」「ビッグアススパイダー」

アントワープの美しさ

チェスのように配置された星型の要塞。

アントワープ周辺に散りばめられたいくつもの要塞がグーグルマップにも記載されている。

https://www.google.co.jp/maps/@51.1867416,4.4228343,12z


« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ