.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« ヤバい統計学 [Kindle版] カイザー・ ファング (著), 矢羽野 薫 (翻訳) | トップページ | 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史(SEIBIDO MOOK) [ムック] 成美堂出版編集部 (編集) »

論理哲学論考 (岩波文庫) [文庫] ウィトゲンシュタイン (著), 野矢 茂樹 (翻訳)

村上春樹オススメの一冊。


言葉では心は表現しきれない。


言外のニュアンスをもてあまさないためにはどうしたらいいのか。
しばらく読んだが全く意味がわからない。
論理哲学論考は
世界はチーズのようなもので思考はナイフ、
言葉や表現は切り口に過ぎず、
チーズそのものを示すことはできない。
だから断面ではないものを語ろうとすることはできない。
それを察知させるには沈黙するしかない。
ということなの?
いや、語り尽くせるからこそ意味や価値は存在しないということ?
でも晩年に著者ウィトゲンシュタインは全てこの内容を覆したらしい。
ラプラスの魔
完全なる未来予知の不可能性
みたいな科学やファンタジーのような命題かは始まる
ダジャレとは何なのか?という話題も含まれる気がする。

真実があるとすればそれはどんな条件やせいしつを持つであろうか?
という哲学の命題を物理学や数学のようなアプローチで解き明かそうとした本。
言語による通常の思考や議論の誤りを指摘している
内容にはそんなに意味はないし生活の役に立つこともないが
読み解くおもしろさを感じる
入り組んだ内容や言葉の指し示す繊細なニュアンスを読み解くき持ち良さがある
また他分野に思わず共通する考え方などが出て来て驚く。
コンピュータの画像ファイルの概念も出て来る
量子力学っぽいものも
意外と読めたな
おもしろかった
たまにはこういうのもいいは
あんまり数式とかは読まなかった
そもそもウィトゲンシュタインの言い分にも穴があるからな


« ヤバい統計学 [Kindle版] カイザー・ ファング (著), 矢羽野 薫 (翻訳) | トップページ | 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史(SEIBIDO MOOK) [ムック] 成美堂出版編集部 (編集) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842538/55394724

この記事へのトラックバック一覧です: 論理哲学論考 (岩波文庫) [文庫] ウィトゲンシュタイン (著), 野矢 茂樹 (翻訳):

« ヤバい統計学 [Kindle版] カイザー・ ファング (著), 矢羽野 薫 (翻訳) | トップページ | 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史(SEIBIDO MOOK) [ムック] 成美堂出版編集部 (編集) »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ