.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« ポアソンクランピングとモテ期 | トップページ | SAP »

プレミアムドラマ「ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~」

TBS金曜ドラマ「ケイゾク」を思い出すプロット。
天才少女と新人刑事が事件を解決していく。
主演はあまちゃんの橋本愛。こいつ芝居うまいかもしれない。
主人公の難波くるみを怪演している。
相方の高良健吾。この人もいい芝居します。
アイドル的な人気になってしまって役者としては不幸なのかもしれません。
しかしこのドラマ。
筋が酷い。推理サスペンスミステリーコメディなのにスキだらけだ。
本編が楽しめない。やばい。
第二話。くるみの推理で爆弾の解除をする場面。
いくらなんでもそんな推理であの行動をするのはおかしいだろ。
警備員の動機。回りくどすぎる。
もうちょっとちゃんと作れよ。
脚本家をチェックするとケイゾク、TRICKの蒔田光治氏。
すごく納得した。メインストーリーはダメだけどその他の要素がおもしろい。
徳尾浩司氏はよくわからない。
3話まで見たがこれが一番おもしろい。
期待以上の出来だけど、やっぱり昔あったようなドラマの範疇を出ないか。
今後にはあまり期待せず見ていこう。
演出家の河合隼人氏もケイゾク、踊る大走査線などに携わっている。
どうもこのドラマ、かなりケイゾクを意識してスタッフを集めているようだ。
プロットもそっくりだ。
天然天才女と若いが裏の顔を持つ謎の刑事。
殺人者操る謎の存在もほのめかされている。
ケイゾクを先に見ておくとより楽しめそうだ。
警視庁捜査第一課長、青山 雅弘役の矢島健一が黒幕なのではないか。
4話もシリアスに展開していく。あまり主人公が目立ってない高良回。
5話はワイン。メインストーリーは進まない。あと3回だぞ。間に合うのか。
6話で伴田の恋敵(?)らしき人物が登場。テーマはビッグデータ。エンディングまで加速していくのか。
7話は前編で最終話8話が後編。ここまでロクにエンディングに絡むストーリーが語られて来なかったが最後の2話で全部やってしまうようだ。
8話。かねてから予想してた矢島健一黒幕説が当たる。当たってしまった。ダメじゃん。

« ポアソンクランピングとモテ期 | トップページ | SAP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842538/53906184

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアムドラマ「ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~」:

« ポアソンクランピングとモテ期 | トップページ | SAP »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ