.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« マヤはゼロを知っていた。 | トップページ | 浪人を台湾に送る計画 »

角倉家の出版事業

室町時代の角倉家は嵯峨本と言われる出版物を事業とした。

非常に豪華なつくりで主に貴族の贈答品として好まれた。最初に刊行されたのは「伊勢物語」。
「徒然草」「古今集」などもある。
木に掘られた文字(木活字)を一文字ずつ組み合わせて一ページを作り、印刷する。
木活字は二つとなく、再利用の為に頻繁に版を分解して組みなおしていたため、
同じ「伊勢物語」でもそのバージョンが無数に存在する。

« マヤはゼロを知っていた。 | トップページ | 浪人を台湾に送る計画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842538/52709116

この記事へのトラックバック一覧です: 角倉家の出版事業:

« マヤはゼロを知っていた。 | トップページ | 浪人を台湾に送る計画 »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ