.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« ハエンジェル | トップページ | 老化の原因物質である活性酸素が精子を増やすActive oxygen is a causative agent of aging increase the sperm »

機械の窓Window machine

人口に占める14歳以下が30パーセント以下かつ、65歳以上が15パーセント以下で構成されている期間のこと。
国家は40代の人口が増える時点で経済的な競争力を増し、軍事的にも拡大する事ができる。
また20代人口が増えると革命じみたことをやる傾向がある。
20代人口の増加・・・天安門事件、日本の学生運動
その20年後
彼らが40代になると中国も日本もバブルが起こっている。
更にその20年後に高齢化が激化する。
人口動態はほぼ確実に予期できる未来の姿を示すものである。
機会の窓の定義もまた人口動態に基づく国家の次なる段階への発展のチャンスがある期間となる。
ちなみにポイントとなる国家の機会の窓の期間はこちら。
日本:1965-1995
米国:1970-2015
英国:1950-1980
印度:2015-2050
中国:1990-2025
イラン:2005-2040
95年が日本のあらゆる面で最高水準だったとする見方は一部であるが、機会の窓という観点からはそれがぼんやりと示される。
発展著しいイランなどはこれからの国であるということがわかる。
どうか良い国を作って欲しい。
また中国とインドが10年の交錯を経て入れ替わるように発展するであろう事も予想が立つ。
英国病と呼ばれたイギリスが金融立国になって移行は明らかに『次なる発展』の機会を得てその繁栄を延長する段階に入っていたこともこのデータで得られる。今後それを再延長できるかは現在のイギリスで行われている政策による。
アメリカはピークを迎えつつあることがわかる。
国力を推し量る指標として軍事、経済データがあるが、文化力というのも外せない。
ハリウッド映画は既にそのシェアの大半を失っており、かつての勢いはなくなった。
アメリカ文化にあこがれる人も世界的には減っている。
アメリカはインターネットを牛耳る事で次なる発展の段階に入りつつあるのかもしれない。
日本は次なる発展の段階に入る事はどうやらできなさそうである。
日本は1970年代にクリエイティブ層を形成する事のないまま、人口ボーナスに甘えて軍国主義的経済を維持したままバブル崩壊に至った。
その後はリスクを取らなくなる、それまであった圧倒的なイノベーション力を失っている。
もはや打つ手はないだろう。アベノミクスで示された手法も年金の運用方針の転換も自力再建をあきらめて海外資本に頼って稼ぐモデルを目指すものである。
そして中国もまた、次なる発展の段階に到達できずにいる。
あと12年では何もできないと思われる。
もし12年以内により開放的な社会へと舵を切れるならまた違った展開もあるだろうが、期待は出来ない。
14 years of total population and 30% or less, the amount of time that is configured 65 years of age or older is 15 percent or less.
Nation is possible to increase the economically competitive at the time the population of the 40's, the more to expand the military.
There is also a tendency to do that you have wild revolution 20s population increases.
Increase ... Tiananmen Square incident in their 20s population, student movement in Japan
That after 20 years
China and Japan bubble is going on they become 40s.
Aging will intensify in the '20 after another.
Population dynamics is indicative of the appearance of the future can be expected almost certainly.
It is time to have a chance of development to the next stage of the state based on population dynamics also definition of the window of opportunity.
By the way, the period of window of opportunity of the state that is the point here.
Japan :1965-1995
U.S. :1970-2015
United Kingdom :1950 -1980
India :2015-2050
China :1990-2025
Iran :2005-2040
perspectives '95 is that it was the highest level in all aspects of Japan is a part, but it is shown blankly from the point of view of the window of opportunity.
I appreciated that Iran and significant development is said to be a country of the future.
I want you to make a better country if.
Also expected to stand also that would be development in China and India as replaced through a mixture of '10.
Transition obtained in this data also that has been on the stage to extend the prosperity and the opportunity of "development the next" clearly England, which was known as the British disease becomes a financial powerhouse. The policy by taking place in the UK the current you can re-extend it in the future.
USA can be seen that it is being peaked.
Some military, and economic data as an index to guess a national power, but also of cultural power not be removed.
Hollywood has lost the majority of its share already, once momentum was gone.
People yearn for American culture is also reduced in the world.
America might be is entering the stage of development in the next that dominate the Internet.
Japan is unlikely to be such apparently able to enter the stage of development to the next.
Japan has led to the collapse of the bubble while never forming a creative layer in the 1970s, while maintaining the militaristic economy graces population bonus.
I have lost will not take the risk, the overwhelming power of innovation was to it then.
Will not workarounds, no longer. It is aims to model the method indicated by Abenomikusu also conversion of investment policies of pension earn relying on foreign capital to give up the self-reconstruction.
And also China, you are to not be able to reach the stage of development of the next.
I suspect that nothing be 12 more years.
There will also deploy different again if cut the rudder to an open society by '12 if within, but we do not expect.

« ハエンジェル | トップページ | 老化の原因物質である活性酸素が精子を増やすActive oxygen is a causative agent of aging increase the sperm »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842538/51959529

この記事へのトラックバック一覧です: 機械の窓Window machine:

« ハエンジェル | トップページ | 老化の原因物質である活性酸素が精子を増やすActive oxygen is a causative agent of aging increase the sperm »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ