.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

« zbrushを覚えねば・・・ | トップページ | 大いなる西部Big Country »

デッサン、解剖学、資料、じゃあ、いつやるか?今でしょ!どれがいいのか?コレでしょ!Drawing, anatomy, article, then, when you do? Idea now! Which do you do? Kore idea!

Genga_3

↑こういうムキムキマッチョな筋肉男をもっと上手くなりたい俺ですが、これでも結構がんばって絵を描いてきました。
最初に買った解剖図はこれです。
↑ It is more a man I want to be good at this kind of macho muscle Muscles, I've been working hard to draw even this very well.
This is the first anatomical drawings that I bought.
やさしい美術解剖図―人物デッサンの基礎 [単行本]
J.シェパード (著), IBR (翻訳)
定番で誰もがとりあえず勧めてくる良い解剖図です。しかし別に特に「易しい」わけではありません。先生の語り口調が優しいだけです。
基本的にこの本だけでも描いていけるものですが、私はなかなか上手くならないのを道具のせいにするタイプなので。
また、描いてると飽きてきますし、「ココ、どんな風に骨に肉がくっついてるのかな?」と別の角度の解剖図画欲しくなったりもします。
そこは適当でも描けるような気もするんですが、まあ、一番大きい理由は「同じものばかり見てると飽きる」からですかね。
気分転換も含めて何冊も解剖図を買い込む事になったのです。
二冊目がこれ。
Anatomical drawing is good that everyone has for the time being in the standard recommended. I especially do not "easy" but separately. Only the gentle tone of teacher narrative.
But what should this book drawn just basically, I type so that I blame the tool if not quite well.
Also, I get bored with that draw, I will want or even anatomical drawing of a different angle, "meat? Maybe have stuck to the bone here, in what way and".
From there you will also feel like I can draw any suitable, well, the biggest reason is "tired of looking and just the same thing."
I was supposed to also stock up on many books, including anatomical drawings diversion.
This is the first two books.
An Atlas of Anatomy for Artists (Dover Anatomy for Artists) [ペーパーバック]
Fritz Schider (著)

洋書で何が書いてあるかわかりませんが、絵をみるだけなら使えます。この本のすごいところは腕、胴、脚などが
動いた様子も含めていろんな角度から多数載っている点です。筋肉のくっつき方や関節を曲げた時の様子などは「やさしい美術解剖図」よりもまとめて詳しく載っています。
しかし、この解剖図はデフォルメがキツい。そしてまた上手くならないのを本のせいにした私は新たなる解剖図に手を出すのです。
下手くそな日曜ゴルファーがドライバーセットをどんどん買い足していくのに似ています。
I do not know what is written in the Books, I just see a picture you can use. Arms, torso, etc. The great thing about this book is that leg
I listed a number is that from many angles, including how you move. State, such as when the bending of the muscles and joints sticking way I listed in detail together than the "gentle art anatomical drawing."
However, the deformation is tough medicine is this anatomical drawing. I was not to blame if the book is well put out a hand to a New anatomical drawing again.
I resemble left-handed golfer Sunday is going to buy more and more drivers set Tashi.
Drawing the Living Figure (Dover Anatomy for Artists) [ペーパーバック]
Joseph Sheppard (著)
ルーミスの表面解剖学にあたるものです。これは実際に人間の肉体の表面にでてくる関節などの様子が解剖学的にどんな状態を反映しているのかをポーズごとに解説したものです。
左ページにポーズが描いてあり、関節やあばら骨の浮き出方などが詳細に載っています。
またそれをレントゲンで部分ごとに見透かしたように解剖図が解説されています。
正直、これを参考にすることは稀です。だからダメなのかな?
「失敗した」と勘違いした俺は更なる解剖図を買い足します。
It would be equivalent to the surface anatomy of Loomis. This was explained to each state, such as a joint pose come out to the surface of the human body is actually how you're anatomically reflect any state.
Pose is drawn on the left page, and how Ukide of rib joints and is on the details.
Anatomical drawings have been described as every part in the X-ray Misukashi it also.
Be honest, this is with reference to rare. Maybe so bad?
I was mistaken for a "failed" will add further anatomical drawings buy.
Drawing the Living Figure (Dover Anatomy for Artists) [ペーパーバック]
Joseph Sheppard (著)
四足動物メインの解剖図です。この時点で1年ぐらい解剖図ばかり見て描いてますから完全に飽きてます。
しかし解剖図から起こすやり方から離れられず、ある種の信者になってますあから、動物の解剖図に手を出してしまったわけです。
他にも動物の解剖図はありますが、図柄が小さかったり、文章メインだったりして使えなかった記憶があります。
動物解剖図ならこの本が今でもマストの一つであるのは確実でしょう。もうちょっと角度が多いと便利なんですけどね。
そして塗りが上手くいかないと強く感じたワタクシはまた人体解剖図を買います。カラー写真が多く印刷が良かったので買ったのがこれ。
This is the main anatomical drawing tetrapods. I get tired just looking at completely drawn from anatomical drawing about a year at this point.
From there not be separated from the way that causes from anatomical drawing, made ​​a believer of some sort, I mean that ended up out a hand to anatomical drawings of animals, however.
Although there are anatomical drawings of other animals, there is a memory that you can not use symbols or small, the main or even a sentence.
Will ensure that this book is one of the mast would still anatomical drawing animals. Though it is convenient and it is often a little more angle.
An anatomy Watakushi also bought a strongly felt and paint is not successful. I bought a color photo print was so much better this is.
Anatomy for the Artist [ハードカバー]
Sarah Simblet (著), John Davis (著, 写真)
この本は均整の取れた、美術的に美しい、ギリシャ彫刻のようなさまざまな人種のヌード写真がふんだんに載っています。
それだけでも創作意欲を刺激されますし、解剖図もそこそこ載っています。解剖図としては正直イマイチなところがあります。
さて、ここまで出ていた解剖図でも充分にムキムキマッチョな筋肉だるまを描く事は問題ないのですが、
解剖図マニアとしては更に一歩突き抜けたいと思います。筋肉をどこまで『割る』か?という問題にぶち当たりました。
筋繊維一本一本を描くわけには行きませんが、上述の解剖図だけだとまだ少しリアリティが出ないのです。
実際にボディビルダーのようなものを描こうとした場合は、ボディビルダーの写真を見てもよくわからない部分が出てきますし、
上述のような美術解剖図はボディビルダーのような筋肉は不自然で美しくないものとして暗黙のうちに無視されてるような気がします。
この段階では鶏のササミみたいな筋肉しか描けないはずなんですよ。(また本のせいにしてますが。)
そこでいろんな本をチェックしてるとありました。ボディビルダーの筋肉も描け、かつ、上述の書籍でも弱かった、
微妙な動作をした時の詳細な筋肉や骨の解剖図が。
This book was well-proportioned, stunning art, nude photos of different races, such as Greek statue has appeared in plenty.
The creative impulse is stimulated by itself, rests fairly anatomical drawings as well. As anatomical drawing is somewhat mediocre honest.
Well, that draw the Dharma but enough macho muscle Muscles is no problem even in anatomical drawing was out so far,
I think as a geek and want penetrate anatomical drawing one step further. Ran into a problem that far? "Or break" the muscles.
Although I can not draw one by one muscle fiber, reality is that I do not just figure out a little anatomy and still above.
If you try to draw something like a body builder actually, the part you do not know well look at the pictures of bodybuilders to come out,
I feel like being ignored I will implicitly as anatomical drawing art, such as described above, such as muscle bodybuilders unattractive unnatural.
At this stage, I'm supposed to not draw only like white meat of chicken muscle. (. I have also been to blame for this)
There was a lot to have to check the book there. And also Egake muscles bodybuilder, was weak in the above-mentioned book,
Muscle and bone is a detailed anatomical drawings when subtle behavior.

目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名 [単行本] フレデリック ドラヴィエ (著), Fr´ed´eric Delavier (原著), 白木 仁 (翻訳), 今井 純子 (翻訳)

これは美術用の解剖図ではありませんが、表紙からも伺えるように求めているものがあり、しかも大量に詳細に載っています。
プロポーションではなく筋肉を描くだけなら他のどの解剖図よりも使えるものになっています。
まあ、詳しすぎて描く段階で間引かないといけないんですけどね。
このほかにも解剖学にまつわる書籍は大量に目を通してきましたが、使えると思ったものはここに挙げたものぐらいです。
オススメです。ぜひどうぞ。
This is not a anatomical drawings for the art, it is what you are asked to cover also suggests, are on the large amount of detail yet.
Has become something that can be used more than any other anatomical drawing just draw a muscle rather than proportions.
Well, I'm not Mavica dont draw too detailed at the stage.
Books I've read through a large number of surrounding anatomy In addition to this, I am about the ones listed here are ones that I think work.
Is recommended. Please do.

勉強の成果がでているのか?↓

そしてAnatomyTools・・・高い。しかしいい。

« zbrushを覚えねば・・・ | トップページ | 大いなる西部Big Country »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842538/50685178

この記事へのトラックバック一覧です: デッサン、解剖学、資料、じゃあ、いつやるか?今でしょ!どれがいいのか?コレでしょ!Drawing, anatomy, article, then, when you do? Idea now! Which do you do? Kore idea!:

« zbrushを覚えねば・・・ | トップページ | 大いなる西部Big Country »

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ