.

外為ジャパン

DMMFX

FOREX

DMMCFD

JNB

Pinterestのウィジェットを貼る

Follow agaww's board Favorite on Pinterest.

ローマ帝国の崩壊: 文明が終わるということ 単行本 – 2014/6/20 ブライアン ウォード=パーキンズ (著), 南雲 泰輔 (翻訳)

輝かしいローマ帝国に対して野蛮なゲルマン民族が大量に押し寄せて力と数で葬り去った。
というかつての論、イメージは第二次世界大戦のナチスによるゲルマンのイメージ悪化が強く影響していた。
という説はおもしろい。歴史の教訓とせねばならずこのようなバイアスが他の歴史解釈にも影響しているかもしれない。
しかし修正は慎重に。
ローマの異民族を取り込み巨大化するというアップデート性はゲルマンを柔軟に取り込んでおり、
治安の悪化が局所的にグローバル化の比較優位分業の連合体を破壊し文化レベルの衰退を起こした説は
現在の金融崩壊とブロック経済化を突き進む国際情勢の行き先を示している。
また皇帝ウェアレリアヌスの晩年や修道院による財政圧迫、崩壊後に地域、民族によってリープフロッグ効果が生まれた点など興味深いトピックも多く盛り込まれている。
覇王ガイセリックのワードが出てきたところはベルセルク好きとしてはうれしかった。
この本の内容自体は出版年からみても決して真新しいところではないが
まだまだ世に知られていないものであるのでもっと広く読まれてほしい。
実際にこの出版年より10年近く前にほぼ同じ論を展開する人を見ている。
原論の発表はさらにさらに遡るが世の中にはまだまだ知られていないようで
驚きすらある。
また当時のヨーロッパの大気汚染が極地の氷に記録されているのかどうかという点は
専門家でないとなかなか素直にデータを捉える気持ちにはならない。
信用するしかない。
ローマ時代だけは牛馬すら肥え太っていたというデータも不安を覚えるあやふやさだ。
これは歴史学では見逃さなければならないのだろうか。
しょっちゅう書き換えられるので。
ただ教会の大小については信頼できるデータだろう。
これも捉え方で変わってくる部分がある。
デパートからコンビニの隆盛の移り変わりは衰退だろうか。
識字率の考察についてはほぼ過去の庶民の識字率についてのデータは読めないという。
野蛮と知性と文化はそれぞれ歪なバランスに見えても成立しうる。
それを歪と感じるのは現代の感覚でしかない。
やはり歴史認識には細部のトリックのような部分もかなり重要だ。
全体像をより単純に捉えたがる傾向があるので気をつけたい。

レレレのおじさんはブッダの弟子がモデル

赤塚不二夫は天才

ネトウヨとなろう小説・ラノベと時代劇

ネトウヨが好きなラノベが水戸黄門や暴れん坊将軍や遠山の金さんにそっくりの構造を持っているのがおもしろい。
絶対的な力を隠し持ちながら世間的には無能扱いされつつも暗躍し、最後はそれを振るう。
あまり努力や挫折はせずに最初からもっている力で勝つのが特徴だ。
その力も隠されては居ない。
異世界転生ものと呼ばれるジャンルはおおむね当てはまることになる。
フォーマットに寄せていけばいいので作りやすい、手を出しやすいというのもあるだろうけど。
ネトウヨは日本が世界で過小評価されていると信じており、本当はすごいんだと思っている。思いたがっている。
これは愛国心や冷静な分析からというより、似たような立場に立たされている自分を投影しているからなのではないだろうか。
そしてその虚構を裏付けるためのファンタジーに傾倒するのだ。

Gfnj

だから物語における起伏がない。物語のテンションが下がることがなく平坦に進んでいく。

おだてられているのと同じなのだ。イエスマンとしての読み物なのだ。

人口減少とブロックチェーンで何が起きるか?

人口減少の解は既に出ているように個人の権利の拡大だ。
ペストで農奴制が崩壊し、人権が生まれ出たように
労働者は縛られるものが減り、権利を獲得する。
今回の日本の社会変化でどこまでそう言うものが進行するかはわからないが
世界で最も急進的にそれらは行われることになる。
ネットとブロックチェーンを組み合わせることで会社組織が人材を飼い殺す事も減り、活用率を上げる事を予想する人も多い。

なぜ社会的地位が高かったり経済力がある人でもリテラシーが低い場合があるのか?

社会的地位や経済力がある人は聡明である事が多いので基本的な認知の間違いやリテラシーの低さが露呈すると驚きを伴う。
なぜこんなことが起こるのか?

その社会的地位や経済力を得る過程でそれらが問題にならなかったりしなかったのだろうか?
また認知能力やリテラシーが欠けていてものし上がることができるのだろうか?
理由としては
①目的のためわざとおかしなことを言っている。
②それらの欠陥もしくは偶然により成功した。
③それらは必ずしも必要ではないから。
④我々が正しいと思っている事が間違っている。
こんなとこだろうか。
特に③が多いだろう。
時に大きな損失につながる事があるので認知やリテラシーは重要視されるが
普通の環境や人間の振る舞いの中では大きな問題を起こさない場合も多い。
故に最近までこれらは重視されてこなかった。
扱うエネルギーと判断の数が増えていけばこれらの重要性は増す。
②などは欠点を武器としている場合やアニマルスピリットと呼ばれるものだ。
小利口だとチャレンジそのものを避ける。
バットは振らなければ当たらない。
①はジョーク、煽動、テスト、戦略などが考えられる。
受け手に影響を与えようとして失敗しているということだ。
④は成功した人は成功していない人には理解できないという事。
そして成功した人の言うことの方が正しい場合が多い。
未来についてより正確に予測できていたり、特殊な情報源を持っていたりするので一般的な価値観とズレている場合。
これはカルト化している場合もある。
こう考えていくとどんな人間でも環境と特殊な噛み合い方をして跳ねたりする事があるように見える。
そしてエッジが鋭いほど、一般的に変な奴ほど噛み合った時に突き抜けそうだ。

銀魂―ぎんたま― 72 (ジャンプコミックス) コミックス – 2018/3/2 空知 英秋 (著)

ショウヨウあたりの過去編がすごい。
作者のストーリーテリング能力はギャグ漫画家なのに高いと思う。
ギャグ漫画なんか書きたくなかったんじゃないかと。
ギャグ漫画家はその後は素晴らしいストーリー漫画家になることがあるが
この人も銀魂のあとに書くものがすごそう。

グレイテスト・ショーマン (字幕版) (118) 104分 2018 G

去年に続きミュージカル映画のいいのが出てきた。
評判のライティングは冒頭だけだ。
その後は普通におもしろい映画だ。
デザイン、セット、最近の映画なら珍しくもない高いレベル。
苦労してサーカスを成功させるという映画だと思ったけど違ってた。
目がくらんで落ちる。再生の物語。
ちょっとドラマに物足りないところを感じる。
ヒュー・ジャックマンが良い作品に恵まれてよかった。
木の役。メンヘラはすべてを焼き尽くす。

ナパームとハーバード

ナパーム弾はハーバード大学で開発された

米墨戦争

アメリカは1,800年代の米墨戦争でメキシコから奪ったカリフォルニアやテキサス
1カリフォルニアではゴールドラッシュテキサスでは油分が出たメキシコはもうボロボロまたメキシコが奴隷制度を良いほうにしていたために戦争が起こったと思言われている米墨戦争の13年後にアメリカで南北戦争が勃発した

国のない男 ハードカバー – 2007/7/25 カート ヴォネガット (著), Kurt Vonnegut (原著), 金原 瑞人 (翻訳)

国のない男
とても不思議な本田文章がスルスル入ってくる

なんとも心地よい
村上春樹の文章に似ている
カートヴォネガットの小説は読んだことがあるが何か後清々しいような
これはどういう現象が起こっているんだろう
とても不思議だ
いつか科学でこの現象を解明してもらいたい
素晴らしい文章が清々しさというか吹き付ける風のような清涼感をもたらす効果を
こんなのがなんでこんなにやたらおもしろいのか

リズムかな

文章がうまいのだ

«化物語(1) 特装版 (講談社キャラクターズA) コミックス – 2018/6/15 西尾 維新 (原著), 大暮 維人 (著)

a.m.z

...

..

systre

無料ブログはココログ